東京 阿佐ヶ谷 アンティークスカフェ

アンティークスカフェ RYUJIのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Happy New Year 2010

明けましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします





2010blogS.jpg


今年の年賀状はちょっとわかりづらいんですが

トラがグルグル回って
溶けてバターになって
ホットケーキにして焼いて
ちびくろサンボが
169枚も山積みにして食べたってな
有名な絵本の話

ちびくろサンボ
みなさん知ってます?


子供の頃
絵本で見た
高い高いホットケーキのタワー
長年の憧れでした


虎年ってことで
山ほど焼いて積み上げてみました・・・


もちろん毎朝2枚づつコツコツ食べて
おいしく召し上がりましたよ



まぁそんなわけで
今年も
みなさまにとって良いお年でありますように・・・


DSC_0179aS.jpg


                    2010.01.01    中川 隆二



スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2010/01/01(金) 07:50:08|
  2. TOKYO LIFE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

締めのご挨拶

本年度も様々な方々との出会いあり
楽しい年となりました

また
こんなマイナーでマニアックなブログに付き合い
閲覧してくださっている皆々様
これからも時間ある限りヘンテコな記事を書いていこうかと思いますので
来年もよろしくお願いいたします

明日から実家に帰りますゆえ
今年最後のエントリーとさせていただきます

皆様良いお年を・・・





DSC_9971S.jpg

 
     

                                               2009 RYUJI

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2009/12/29(火) 01:46:51|
  2. TOKYO LIFE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マンションのお話

先日

「東京R不動産」という本を購入した

東京で一番面白い不動産屋。という帯


DSC_8586S.jpg



まるでドラマに出てくるようなお洒落な部屋
昔ながらの○○荘みたいなアパートをリノベーションしたレトロな部屋
倉庫を改装した開放感あふれる移住空間

そんななんだか変わった部屋にスポットをあて
紹介している本である

もっともこの本で紹介しているのはほんのごく一部で


lrial tokyo estate 東京R不動産
http://www.realtokyoestate.co.jp/

この不動産サイトは
見ていてとにかく面白い

引越しはしないけど
なんだかわくわくしてしまう物件でいっぱいだ
私ならここにあれを置いて
ここにこれを飾ってと色々妄想してしまう





tokyoR01S.jpg



tokyoR02S.jpg



倉庫をリノベーションした物件などは
バイクのガレージとして生活できたら
どんなに楽しい生活だろうと思ってしまう



あと似たようなサイトだと

東京スタイル
http://tokyo-style.cc/

ってのがあった
こちらは城東地区に強いようだ


そんなオススメな不動産サイト











大阪に住んでいた頃
初めての一人暮らしで
何社か不動産屋を周った


コテコテの関西弁に面食らいながら
最初にボロボロで薄暗い賃貸に連れて行かれ
その後明るく開放感ある部屋を紹介され

電話がかかって来てあぁ他でも声がかかったみたい
どうしますか?どうしますか?と詰め寄られる
不動産屋定番の売り文句だった


その後他の不動産屋で
何件か部屋を紹介してもらい



結局
見た中で一番お洒落なマンションに目がいってしまい
予算オーバーだったがそこに決めた



souziziS.jpg

阪神電鉄線路の側に立つ三角形のマンション


コンクリート打ちっぱなしの洗練されたデザインで
部屋も変わった形で変形した三角形

しかし通路を挟んで対面と下の階層としか面してなく
音はまったく気にならない
こちらも気にせずガンガン鳴らせる角部屋だった



大阪の賃貸システムは東京とは違い

頭金の礼金敷金の割合が大きく家賃は安い
オートロックでデザイナーズな割には60000円の家賃だった


近くに小さな商店街があり

日も落ちかけた夕暮れ時

通りの公園の鳩にエサをやり
コインランドリーに洗濯物を詰め込んで
その間に餃子100円の「餃子天国」で飯を食い
銭湯に入ってさっぱりし
洗い終わった洗濯物を取り出して帰るという
マンション暮らしはするものの
なんだか昭和臭漂うレトロな生活をしていた

そんな思い入れある賃貸物件




東京に来てからは
友人宅に寝泊りしながら
早く決めなければと無理やり選んだ
6畳のありがちなアパート



吉祥寺は無理だけど三鷹あたりに住みたいなと
三鷹が武蔵境になり
武蔵境が東小金井になり


家賃は61000円
まぁバイクは停められるし
キッチンは広く出窓や収納も広い
すぐに引っ越せばいいやと思いつつ
随分長いこと玉川上水側の緑豊かな
小金井市の住民になった





その後生活と物欲が落ち着き
そろそろ吉祥寺に引っ越そうと
何件も不動産屋を周る



ホントは昭和レトロな長屋とか一軒家、同潤会アパートメント
4畳半のオンボロアパートとかに一度は住んでみたいナァと思いつつも

今のマンションに住むことになる

DSC_7960S.jpg
なんだか草や雑草、木々や観葉植物に覆われている



私はこのマンションがものすごく気に入っていて
暇さえあれば四季折々の写真を収めたりしている



DSC_8470S.jpg
木々の木漏れ日ある中庭



DSC_8562S.jpg
夕暮れ時




隣接している古い家に
大家のおばあさんが住んでいる
もう他界してしまったおじいさんが

マンション設計者に
「お前らが住みたいと思うマンションを自由に作れ!」
そして「ここに住んでよかったと思えるようなそんな空間にしてくれ」
と予算を気にせず好きにデザインさせてしまったらしい


元は女性の学生限定だったこの物件
おじいさんの夢で
マンションの住人達で
ミニコンサート演奏会や趣味の会や個展などの
催し物をしようとこんな緑あふれる中庭を造ったらしい


DSC_8567S.jpg





今までそんな使われ方をしたかはしらないが
とっても幸せな中庭として使わせてもらっています

ありがとう天国のオーナーおじいさま






テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

  1. 2009/09/08(火) 08:34:16|
  2. TOKYO LIFE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トランペットと音楽観

どうでもいい駄文です





私の聴く音楽はひどく偏っている

基本的に「カッコイイ」音楽しか聴かない
しかもボーカルが入ったものは一切聴かない

なのでポップスやバラード
なんてのはまったく興味が無く

ボーカルが入っていない
インストゥルメンタル
弦楽器、管楽器
電子音源機器、打ち込み音源等で演奏した
「カッコイイ」音楽しか好まない





私は中学校、高校と吹奏楽部に所属していました
特に音楽が好きというわけでもなく
中学校に入学しその日に突然教室に乱入してきた
2年の先輩に無理やり誘われ音楽室に連れて行かれたのがきっかけである

そこで手渡された楽器は
世に言うラッパ「トランペット」で
ドップリ吹奏楽の世界に入り込むのである


DSC_3936のコピーS
B♭ TRUMPET  「Vincent Bach」 激しい練習で第3抜差管には自然に開いた穴がある

演奏ってのは普段生活していて
そう体験できることではない
ギター、ドラム、ベース等で演奏する機会がある人はそこそこいるだろう
そういったまったく違う種類の楽器演奏ももちろん面白い

しかし合奏といわれる
2人演奏デュエット、3人集まればトリオと
同じないし同じ系統の楽器で合奏し奏でるハーモニーの楽しさは格別だ
吹奏楽でトランペットは花形といわれるゆえに主旋律が多い
その中で1st2nd3rdと3本の管楽器で合わせる3和音演奏の気持ちよさは
演奏した者でないとわからない

譜面すら読めない私だったが
やたらうまいトランペットパートに恵まれた
社会人吹奏楽団に入った頃に思い出しても
あの中学生のトランペットパートのレベルは尋常じゃなかった

3年の先輩は毎日アーバンと呼ばれるトランペットの教則本を
毎日、毎日練習する恐ろしくうまいお人
そのまま芸大に入り現在もプロ演奏者として活動している

強引に吹奏楽部に私を押し込んだ
2年の先輩も音楽芸術一家の息子でやたらうまい
やさしく教えてくれた女性の先輩も中学生ながらに
「くまんばちの飛行」といわれる恐ろしく高速で高度な曲を
スラスラ弾ける恐ろしいお方
同学年の子も小学校から吹奏楽を行っていてレベルが高かった

そんな吹奏楽部でハーモニーの面白さを知り
たまにゲーセンでエスケープしながらも
楽しく3年間の音楽生活を行った



しかしながらそんな楽しい吹奏楽生活は中学校までだ

高校に入学してからは一転する
なにを思ったか県で一番吹奏楽が有名な高校に入学してしまったのだ
有名とは聞いていたが入った当初はそんなことまったく気にしていなかった


朝練習で4時台に起床
毎朝自転車で片道50分の距離を
まだ薄暗い中走らせる

お昼休みにご飯を食べる暇など無い
もちろん昼練習は強制だ

そして授業が終わるとダッシュで練習場に走り
夜9時10時まで練習していた記憶がある

そして自宅に着くのは11時すぎ頃でまた次の日は朝4時台起きだ

この生活が

1年362日続く

休日は正月の3日間だけ

ただ校則、身だしなみに厳しい学校だったので
一ヶ月に一日だけ床屋日というものが設けられ
その日だけは少し練習し6時頃に解散できる

昼近くまで寝ていられるような
一日休みというものが正月三が日以外一切無く

高校三年間は遊んだ記憶がほとんど無い
テレビも漫画もゲームもなにもする暇がなく毎日ラッパだけを吹き続ける生活

しかもただの吹奏楽部ではない
恐ろしく決まりごと部束が厳しく
水を飲むことすら許されない
ドゥエイ!とかサソッ!とかチワスッ!とかわけのわからない掛け声と返事
椅子の配置の角度やエンピツ削り方にまで決まりごとがあり
少しでも間違えれば怒鳴られ校庭を走らされる
歩くことは許されず常に移動は全速力
甲子園の常連であった野球部よりも精神的に厳しい
刑務所のような血と汗に満ちた狂気の三年間





毎日「辞めたい」と考えていた
まぁ辞めたら即応援部に強制入部させられる仕組みだったので
なんだかんだとよく3年間がんばったものだなぁと


そんな恐ろしい吹奏楽生活ではあったものの
それでも吹奏楽、音楽を演奏する行為は楽しいもので

東京に来てからもたまたま知り合った
プロのトランペッターの紹介で
社会人吹奏楽団に入団した
あまりの忙しさに現在は退団してしまったが
強制で行っていた音楽とは違うプライベートでの音楽演奏は非常に楽しく
また余裕ができたら社会人吹奏楽団に身をおきたいなぁと考えている


DSC03433S.jpg





今まで様々な音楽を演奏してきたが
その中でどうしても忘れられない曲ってのがある

中学校1年生で入りたての頃
3年生の吹奏楽コンクールの自由曲であった

「海鳴り」という曲


たしか15歳の中学生高橋ひろみさんが作曲し
オリジナル曲エレクトーンコンクールで優勝し
真島俊夫が吹奏楽用にアレンジし編曲された



この曲が恐ろしくカッコイイ


ずっと長い間もう一度あの曲を聞きたいと強い思いがありながらも
なかなか聞く機会は無い


ネット上で情報を検索するとどうやら自衛隊が演奏したものがCD化されているらしい



サウンドマップ
『吹奏楽プロムナードコンサート14/陸上自衛隊第7音楽隊』
高橋ひろみ(真島俊夫編):海鳴り

1998/10/21発売

11年前の音源
もちろんCDはすでに廃盤だ
CDショップにもおいてない


ネット上のMP3
Youtubeやニコ動を探すもまったく見つからない
P2PはMXで引退してしまったので探しようが無い

手詰まり状態で最後の望みはやはりヤフーオークションだ

アラートにかけること数ヶ月
奇跡的にこのマイナーCDが出品された


そうして記憶に残る名曲のCDが手元にやってきた
DSC_4857S.jpg


何十年越しの憧れの曲
やっぱりカッコイイ!すばらしくいい曲だ!

和製楽器
和太鼓などが入るように
日本の漁船が津波と葛藤する
遠州灘をイメージした曲だが
私はどうしてもタイタニックのような洋大型客船と津波との対決を想像してしまう


どこぞの誰かがUPした海鳴り


吹奏楽に興味が無くともこの
ダイナミックなかっこよさを聞いて欲しい

盛り上がりのおいしいとこを持っていくパーカスは当時なんでも叩いて真似をした
Tubaの同級生が練習していて耳から離れないラストのバスパートフレーズの渋さも尋常じゃない
おしいのは前半にあるもっとも盛り上がるサビが前半一回しかないところだ
後半はパーカスと変更されたフレーズになる



苦しい高校の思い出はおいといて
中学校の楽しい吹奏楽生活が懐かしくなる一曲でした








同じ管弦楽

NHK大河ドラマの

「太平記」もめちゃめちゃかっこよくて大好きです




血沸き肉踊る
日本の管弦曲はすばらしい


こないだレッドクリフⅡ見てきましたが
あのわかりやすい音楽はやはり日本の作曲家 岩代太郎



同じ映画音楽で
私の大好き映画

「ヴァン・ヘルシング」

の音楽もとってもクール

アラン・シルベストリは
バック・トゥ・ザ・フューチャーやプレデターなども作曲していますね









普通の人が聞くような音楽はまったく聞かない私
カッコよければジャンルは問わない
カッコイイ曲求めて今日もマイナー曲を発掘する





テーマ:トランペット - ジャンル:音楽

  1. 2009/04/14(火) 22:42:13|
  2. TOKYO LIFE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

無くなるカフェ生まれるカフェ

春が近づいてまいりました今日この頃
ベスパのタイヤはパンクしたままで
ちょっと出かけるにもW650を駆り出す始末

アンティークスカフェだけに
カフェ事柄でもつらりと



タバコを吸うちょっとした息抜き、自分に帰れる時間を得るため
カフェという場所に休息の場を求めていた

もうタバコを辞めて3年ほど経つが
めっきりカフェに行く回数が減った
ライトスモーカー、日に数本しか吸わない男にとっては
その1本のタバコを吸うカフェはまさに至福の瞬間であったなぁと
今でもしょっちゅうタバコを吸う夢を見てしまう


先日友人に吉祥寺でいいレストランかカフェを教えてくれと相談があった

吉祥寺でもっとも穴場的
広い店内で開放感があって
空いてるカフェといえばやはりカフェプランツだろう
東急の屋上に併設されているお洒落なカフェだ

カフェプランツ吉祥寺店

cafeplants.jpg


カフェプランツ
http://www.cafeplants.com/index.html


しかし後日友人から聞いた話によると
なんと閉店していたとのこと

えっ・・・
またか・・・

とりあえず足を運んでみた


Image096Sz.jpg

なんとまぁ・・・
また吉祥寺から良きカフェがポツリと無くなるのか

昔下北沢店のカフェプランツに行ったことがあったが
それも今は無くなっている

なんとも悲しい閉店




そしてもう一つもっと悲しい閉店の話が上がっていた

mixi上にあげられたいつかは来るかと怯えていたトピック

シナボン閉店のお知らせ
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=39216148&comment_count=56&comm_id=5512


シナボン アメリカシアトル
http://www.cinnabon.com/flash.html

シナボンとは
1985年 アメリカ ワシントン州・シアトルで産声をあげた
フロストシュガーをかけた大きなシナモンロール


シナボンはアメリカ、カナダをはじめとして全世界で600店舗を越えて展開

日本では1999年 シナボンの日本1号店が東京・吉祥寺にオープンし
16店舗を数えるほどに

しかし
その後続々と縮小し

最後の砦がお台場店のみ

そしてこのお台場店もとうとう閉店という運び


日本に残るシナボンは
横須賀米軍基地内のみになるが
もちろん一般人は出入りできない
年に何回かのイベント時のみ利用となる


shinabonS.jpg


あの病み付きクリームチーズフロスティングを
気軽に食べられなくなるとは悲しすぎる・・・










さて

無くなるものあれば生まれるものもある



去年末
英国オートバイの大御所
ブリティッシュビートのトライアンフ東京みなと主催にて

トライアンフ カフェミーティング

なるものが行われた


cafetop.jpg




イベント概要
期間限定のトライアンフカフェで一緒にお茶を飲みませんか?
お時間がある方はプラッとお立ち寄り下さい!
・開催地:ロイヤルガーデンカフェ  〒107-0061 東京都港区北青山2-1-19
・開催日時:12月21日(日) 20:00頃~

http://www.triumph.co.uk/japan/451_4290.aspx


期間限定トライアンフカフェ

トライアンフジャパンは、「ロイヤル ガーデンカフェ」とコラボレーションし
12月15 - 21日の期間限定で「トライアンフカフェ」をオープンしている


Triumph × Royal Garden Café
明治神宮外苑・イチョウ並木に12月 8日(月)にグランドオープンしました
今話題の「Royal Garden Cafe」(北青山)とコラボレーション企画が実現
このたび期間限定でTriumph Caféがオープンしました!
「ロイヤル ガーデンカフェ」と、英国の名門、トライアンフがコラボレーション
12月15日(月)~21日(日)の期間限定で「Triumph Café」として営業します
期間中はテラス部分にデイトナ675、ボンネビルT100、ロケットスリー ツーリング
スピードトリプルといったトライアンフを代表する車種を計4台展示
また店内にもヴィンテージのバイクパーツやフォトパネルなどを飾り
ブランドの世界観を空間に表現します。

triumphcafe.jpg





トライアンフカフェ (ロイヤルガーデンカフェ)
期間限定12/15-12/21
所在地: 〒107-0061 東京都港区北青山2-1-19
TEL:   03-5414-6170
営業時間:11時~23時




cafemix.jpg





このコラボレーション相手のカフェが



ロイヤル ガーデンカフェ

http://www.royal-gardencafe.com/index.html?re=r

ロイヤル ガーデンカフェは明治神宮外苑のイチョウ並木に8日にオープン
「SUSTAINABLE COMMUNITYの創造」をコンセプトにした、次世代型コンセプトレストラン

photo01.jpg


ロイヤルガーデンカフェ概要
「ロイヤル ガーデンカフェ」は、ロイヤルグループの外食事業会社
アールアンドケーフードサービス株式会社が12月8日(月)にオープンさせた次世代型コンセプトレストラン
「SUSTAINABLE COMMUNITYの創造」をコンセプトに、飲食の提供にとどまらず
「VISIBLE FOOD=食のすべてを可視化、安心・安全な食を提供」
「RECYCLE STYLE=環境負荷の少ない店舗づくりの取り組み、資材や資源のリサイクル」
「LOCAL COMMUNITY=より深い地域コミュニティの育成」の3つのテーマを核として事業を展開
1Fカフェにはベーカリー&グローサリーコーナーを併設
また2Fレストランにはビジネスカンファレンスにも対応可能な多機能レストランフロア


青山隠れカフェ
MuuMuuCOFFEE
http://www.muumuucoffee.com/

のすぐ近くですね

GoogleMAP
http://maps.google.co.jp/maps?q=東京都港区北青山2-1-19&lr=lang_ja&oe=utf-8&um=1&ie=UTF-8&split=0&gl=jp&sa=X&oi=geocode_result&resnum=1&ct=title



並木通りの気持ちよいガーデンカフェ


まぁこのくらいお洒落なカフェは都内にいくらでもあるんですが

気になるのはオープンしてすぐのトライアンフコラボレーションもさることながら
そのホームページに記載されたプロモーションイベントのコンテンツ

http://www.royal-gardencafe.com/event.html


rgcpro.jpg


積極的に車、バイク関係のコラボレートを行っているようです

これからドンドンこういったコラボレーションを行って欲しいとこです
定期的に行われているACECAFEとのタイアップは無理ですかね


maprgcS.jpg

でも路肩駐車っぽい場所・・・
しかも速攻駐禁取られそうな



もう一つ車がらみで

フィアットカフェがOPEN
http://fiatcaffe.jp/


fiat12S.jpg




東京都港区北青山1-4-5 ロジェ青山1F

国道246号線(青山通り)沿い、地下鉄青山一丁目駅から徒歩2分
外苑前駅から徒歩3分

GoogleMAP
http://maps.google.co.jp/maps?q=東京都港区北青山1-4-5&lr=lang_ja&oe=utf-8&um=1&ie=UTF-8&split=0&gl=jp&sa=X&oi=geocode_result&resnum=1&ct=title


偶然か先ほど紹介したロイヤルガーデンカフェと
MuuMuuCOFFEEの目と鼻の先ですね


fiat24S.jpg


フィアット グループ オートモービルズ ジャパン(FGAJ)は
12月12日に「フィアット カフェ」を開店する

1階にフィアットのアンテナショップ、2階にカフェバー&レストラン
地下1階にイベンとスペースを持つ複合施設
1階にはフィアット500がディスプレイされていたが
販売を目的としたショールームではなく
食事やイベントを楽しみながらイタリア文化とフィアットブランドに親しむ
「コミュニケーションラウンジ」と位置付けられている

フィアット グループ オートモービルズ ジャパン株式会社
http://www.fiat-auto.co.jp/



fiat18S.jpg


fiat25S.jpg



今青山ホンダビル交差点が熱い!






そして

さかのぼること1968年
創業者 加藤太郎が名古屋市で「コメダ珈琲店」として産声をあげて以来
名古屋、奈良、滋賀、横浜と続々と開店し

東京は三鷹ににとうとうOPEN!


コメダ珈琲店

http://www.komeda.co.jp/index.html


三鷹上連雀店
〒181-0012 TEL :0422-24-8058
東京都三鷹市上連雀8-1-5


Image102S.jpg

なんともレトロチックなロゴがいいですなぁ




これが噂のシロノワールですか

Image103S.jpg

結構でかくてオナカいっぱいになります



たいして珍しくも無い
クラシック山小屋風カフェなんですが
広く明るく入りやすい店内
どんだけ駐車できるんだってくらいの駐車場で
土曜日に行ったんですが並び待ちしてました


Image104S.jpg


禁煙、喫煙どちらがいいですかと問われて
どちらでもと答えると問答無用で喫煙席に案内されます

世はどうやら禁煙席のほうが圧倒的に人気があるようです





こういうとこで珈琲飲んでると
やはりあの頃の一服が非常に恋しくなる
冬の終わりのカフェでのひと時



テーマ:cafe - ジャンル:グルメ

  1. 2009/02/06(金) 08:13:42|
  2. TOKYO LIFE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

ANTIQUES CAFE

ANTIQUES-BANNER-200-40.jpg www.antiques-cafe.com ANTIQUESCAFE-blogtop.jpg ANTIQUES CAFE
ASAGAYA
TOKYO SUGINAMIKU
SHIMOIGUSA 1-4-18
WGS84
35゜42'52"N 139゜38'03"E
Tokyo Metropolitan Public Safety Commission
antiques dealer
No.304431306566

facebook

Twitter

アンティークスカフェの
現在状況や最新情報と
RYUJIのどうでもいいツブヤキ

フォローよろしくお願いします

最近の記事

カテゴリー

ANTIQUES CAFE TOKYO ASAGAYA

DSC_blogside07.jpg . DSC_blogside04.jpg . DSC_blogside02.jpg . DSC_blogside01.jpg . DSC_blogside03.jpg . DSC_blogside06.jpg . DSC_blogside05.jpg

COUNTER

CAFE RACER

W650cafe.jpg

ANTIQUES CAFE Co.,Ltd.

ANTIQUES-CAFEri.jpg 東京都公安委員会 古物商許可
第304431306566号

ブログ内検索

antiques-cafe.com

antiques-cafecom.gif

LINK

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

月別アーカイブ

ACCESS


ジオターゲティング

BlogRanking

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。