東京 阿佐ヶ谷 アンティークスカフェ

アンティークスカフェ RYUJIのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミニチュアダックスフンド




DSC_4531S_20100423010500.jpg
ものすごくビビリーで怖がりさんです
やさしくゆっくりと近づいてください



DSC_4315S.jpg
お客さんが来るとこのようなドアの前でお出迎えするわけでなく
必ず吠えられます
うるさくてごめんなさい



DSC_3785S.jpg
胸毛がもわもわでふさふさ



DSC_4287S_20100423010501.jpg
ある程度お店に来てくれて顔を覚え始めるとシッポを振って近づいてきます
しかしここでサッと手を差し伸べるとまだ吠えられます
動きはゆっくりと・・・



DSC_4207S.jpg
常連さんレベルになると入店の声で反応し
裏からノソノソ出てきて腹を見せて転がります
うれしおしっこしてしまうかもしれません



DSC_4669S_20100423010530.jpg
抱っこを強要、重力にまかせずっしりと体を預ける・・・



DSC_4642S.jpg
怖がりさんで最初は吠えられますが是非仲良くなってあげてくださいね



DSC_4647S.jpg
ペロペロは最愛の印



DSC_4751S_20100423010530.jpg
キャベツが大好物、お近づきになれる第一歩



DSC_2897S.jpg
その曇りない純粋な目で期待され続けると思わずオヤツをあげたくなってしまう・・・



DSC_4856S.jpg
お客さんの前でひたすら食べる姿を見続ける



DSC_9986S.jpg
いらっしゃいませ





アンティークスカフェではペットの同伴も大歓迎です
動物好きなみなさまのご来店お待ちしております












スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. 2010/04/23(金) 08:04:18|
  2. いぬ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

動物の行動

一時期
一斉を風靡した
海洋堂のチョコエッグにはまり
チョコエッグ箱買いして
動物を集めまくった

飾っても様にならないので結局は倉庫行き
何の為に集めたんだか・・・



DSC_7696S.jpg
荻窪で安く叩かれてたのでまた懲りずに亀ばっかり買ってきた


まぁ亀に限らず動物は大好きだ

特に海洋生物は昔からかなり惹かれるものがあり
クジラ、マンタ、ジンベイザメ
そしてシーラカンスを愛してやまない

まぁそんな由縁からかダイビングもやってたりするわけなんだが
未だにジンベイザメはおろか海ガメにすら遭遇したことはない




でもやっぱり毛の生えた
フサフサ感ある生き物は最高の癒しを与えてくれる


癒しを与えてくれる分
世話は大変だ
毎日ポコッと落っこちたウンコ拾う生活




DSC_7267S.jpg
どんな動物だってお風呂は嫌いだ



DSC_7318S.jpg
散々引っかき傷をもらい風呂上がった後、ブラッシングを通すだけでもちょっとした格闘だ



DSC_7689S.jpg
と恐ろしい形相も出せばひっくり返って寝ている姿は超無防備だ





動物の行動って面白い












UQコミュニケーションズの
WiMAXというのをご存知だろうか

UQ WiMAX
http://www.uqwimax.jp/


最新技術で最大40Mbpsの高速モバイル通信を実現した次世代ブロードバンド

最新技術による
データ通信カードで下り40Mb上り10Mbと
ワイヤレスもADSL並みの速度になってきた

頑なにデスクトップにこだわり
光回線の私にとってはそんなワイヤレスなどどうでもいいのだが

この会社は常にYouTubeに流れている
素人投稿動画からいくつか面白いものを抜き出し
会社のCMとしている

東京の山手線をはじめ
私が良く乗る中央線の広告モニターに
常のこのUQ社のCMが流れているのでつい見てしまう

最近馬鹿受けしたのが
そのUQのCM
「入ってる?」猫編

http://www.uqwimax.jp/g_gallery/




そのオリジナルフルバージョン



特訓するねこ。

やべこいつ面白すぎる
何度見ても笑ってしまう

いったいなんの特訓だよっ!
とツッコミをいれざるをえない








と面白い動物動画もあれば

泣ける動画もある



兵士としてアフガニスタンに赴いたご主人様が帰ってきた日
あまりの嬉しさに大興奮しながら大歓迎する犬の動画



Seeing my dog the day I got back from Afghanistan

ちょっと家を空けただけで
尻尾ブリブリにふって何十年も逢ってない歓迎を
毎回してくれる犬であるから
そら何年もいなくて急に帰ってきたならそらうれしかろう


いや~これ泣けたな


テーマ:ダックスフント大好き♪ - ジャンル:ペット

  1. 2009/12/03(木) 23:59:27|
  2. いぬ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

HACHI 約束の犬 秋田犬との出会い

犬の行動っておもしろい
一日観察しててもあきない



DSC_1814S.jpg
冷蔵庫の下に入り込んだオヤツを必死に書き出すおいぬさま
結局取れなくて「ひぃんひぃん」泣き出す

ひんひんいってるときは
たいてい手の届かない所にボールやほねっこが入り込んだ時だ
「ほれ、あきらめずに掻き出すんだ!」と言っても
めちゃくちゃ諦めがはやい


DSC_6229S.jpg
ボールのはらわたをかきむしり
部屋中に撒き散らすおいぬさま

「ちらかしたらちゃんと集めてもどしてね」と言っても
もちろん後かだつけするわけもなく
エッサエッサとはらわたをかき集める
ボールに詰め込んでいるのをじっと静かに待つが
元に戻しもどるやいなやまたグワッと食いついてきて辺りに撒き散らされる悲惨なボール


DSC_6284S.jpg
そしてすぐあきる・・・






2009年8月8日

リチャード・ギア主演

「HACHI 約束の犬」 

が全国公開される


haS.jpg



http://www.hachi-movie.jp/


アメリカ。郊外のベッドリッジ駅。寒い冬の夜、迷い犬になった秋田犬の子犬を偶然保護したパーカー・ウィルソン教授は、妻の反対を押し切り、その子犬を飼うことにする。首輪についていたタグに刻まれていた漢字から「ハチ」と名づけられた子犬は、パーカーのあふれるような愛情を受けてすくすくと成長していく。いつからか、夕方5時になると、ベッドリッジ駅で帰宅するパーカーを出迎えるのが日課となったハチ。一人と一匹の間に育まれた深い愛情と信頼は、ずっと続いていくと思われたが…。

英題: HACHIKO A DOG'S STORY
製作年: 2008年
製作国: アメリカ
日本公開: 2009年8月8日
上映時間: 1時間38分
配給: 松竹

スタッフ
監督: ラッセ・ハルストレム
脚本: スティーヴン・P・リンゼイ
製作: リチャード・ギア / ビル・ジョンソン
製作総指揮: ウォーレン・T・ゴズ / ポール・メイソン / スチュワート・マクマイケル / ジム・セイベル
編集: クリスティーナ・ボーデン
音楽: ジャン・A・P・カズマレック
撮影: ロン・フォーチュナト
キャスト
リチャード・ギア
ジョーン・アレン









1987年に公開され、大ヒットを記録した日本映画『ハチ公物語』をハリウッドでリメイク。物語の舞台を日本からアメリカに移し、一人の大学教授と彼に育てられた飼い犬の心温まる愛ときずなを描く。監督は『サイダーハウス・ルール』のラッセ・ハルストレム。主人公の教授を『最後の初恋』のリチャード・ギア、その妻を『ボーン・アルティメイタム』のジョーン・アレンが演じる。国境を越えて共感を呼ぶ普遍的なテーマと感涙のラストに注目だ。


この映画小さい頃鑑賞して涙した



忠犬ハチ公
http://ja.wikipedia.org/wiki/忠犬ハチ公


忠犬ハチ公のおはなし
http://welcome-shibuya.net/history/hachiko/


1924年から東京帝国大学(現・東京大学)農学部の教授、上野英三郎に飼われることになった。上野の存命中は、玄関先や門の前で上野を見送り、時には最寄駅である渋谷駅まで送り迎えすることもあった。上野の自宅は、現在の東急百貨店本店(旧大向小学校)周辺と言われている。
1925年5月に上野が急逝した後も、毎日渋谷駅前で主人の帰りを待ち続けたとされ、東京朝日新聞の記事により世間一般に知れ渡った。主人を慕うハチの一途な姿は人々に感銘を与え、「忠犬」と呼ばれるようになった。





ハチ公物語がハリウッドでリメイクされると聞いたときは
外国らしくゴールデンレトリバーやラブラドールなんかが
ハチ公役になるんだろうかと想像していたが

しっかりニッポンのイヌ
「秋田犬」がハチとして出てくる



あくまでも主役はこの秋田犬で
博士演じるリチャード・ギアは
ハチ公物語と同じく始まって早々他界してしまい
映画の半分しか出てこないほど
この日本犬、秋田犬にスポットが当たっている



秋田犬
http://ja.wikipedia.org/wiki/秋田犬

800px-Akita_inuS.jpg






私は普段生活していて秋田犬って滅多に見かけたことがない
東北の方に行くとたくさんいるんだろうか


というか私は今まで秋田犬を一度しか見たことがない
しかもなぜかフランスでだ











以前フランス~イギリス旅行に出かけた際
フランス西部を一周する為一週間ほど
レンタカーシトロエンC1を借りた


モン・サン・ミッシェルや港の城塞サン・マロを回り
ジャンヌ・ダルクゆかりの地としても有名なオルレアンを目指していたときだ

食料調達の為とある大型マーケットに立ち寄った
買い物を車に詰め込みさて出発と

遠めに見覚えのある犬が見える

うん?あれ日本の犬じゃね?とか思いながら
思わず近寄ってみる

耳がピーンと立ち円らな瞳
尻尾が大きく丸まっている
どこから見てもニッポンの犬
しかしものすごくガタイが大きい



DSC_1065S.jpg



え?なにこの犬
日本犬、柴っぽいけど
ゴールデンレトリバーぐらいの大きさはある


柴と違い
とても人懐っこいこの犬とじゃれあっていると
「タケオッ!タケオッ!」と言いながら笑顔で飼い主が近寄ってきた


え?このフランスの片田舎でまたニホンチックな言葉を聞いた
たしかに「たけお」と聞こえた


どうやらこの犬の名は「タケオ」と言うらしい
そして「アキタッ!アキタッ!」と言っている

え?アキタ?秋田犬?
秋田犬ってのは聞いたことがある
これが秋田犬なのか
こんな日本を遠く離れたフランスのマーケットの駐車場で
初めて秋田犬を実際に見た
なんとも不思議な話だ



そして
家にはさらに三頭の秋田犬がいるんだよ
是非家に寄って行きなさいという

う~ん・・・
正直ちょっと怪しい
日本人観光客を狙う海外トラブルや
金銭、パスポートの管理に過敏になっていただけに
はいはい、行きます!と二言返事するわけには

なんか車が超ボロのシトロエンBXで
運転席から出てエンジン押しがけしながら
ブオンブオン黒煙吐き出しているし



まぁ進行方向一緒だし
途中で怪しいと思ったらバックレちゃおうと
傷だらけの後部座席に窮屈そうにタケオが乗り込んだ
オンボロBXの後ろをついていった



途中で窓から腕を出して手招きしながら
ここだここだとウインカーを点滅させ車が止まった


即逃げれる準備をして門の前まで行ってみる



しかしそんな不安はすぐに消し飛んだ







DSC_1067S.jpg
広大な庭からゾロゾロ秋田犬が3匹出てきた


日本の犬とは違って
とても人懐っこく
大きな体をこちらに倒しこんで寄り添い
顔をペロペロ舐めてくる

4匹寄り添ってくるもんだから
もろに重量をくらい倒れそうになる




奥には鳥や鹿がいるんだよと手招きする

え?鹿?
なんのこっちゃと

家の裏手に周ると目を疑った













DSC_1094S.jpg
なんかプライベートに繰り広げられた動物園



DSC_1103S.jpg
う、馬がいる!馬が
野放し状態



DSC_1088SaS.jpg
ガチョウにキジ、卵をすげ替え親が変わってしまった鳥
草原を走る食べられることのない幸せな豚



DSC_1118S.jpg
笑顔で遠めに動物たちを見つめる
疑っちゃってゴメンナサイ



DSC_1138S_20090708114946.jpg
マーケットで逢ったこの人はクリスチャンさんといって
ベルギーからやってきたらしい
動物が大好きでプライベートでこの庭を作った



DSC_1097S.jpg
どこの富豪だよと思ったが
家を安く買い取りリフォームしては転売する仕事をしているとのこと
この家もいずれは売ってしまうらしい
動物園付住宅・・・いやはや海外のスケールは違いすぎる



DSC_1091S.jpg
この秋田犬達はベルギーから遥々フランスまで連れてきたとのこと
ベルギーには日本犬種、秋田犬がポピュラーらしい



DSC_1092S.jpg
まさにこの動物園を守る番犬として活躍している




DSC_1168S_20090708114946.jpg
3匹を生んだお母さん「タケオ」の名前の由来は
やはりアパレルブランド「タケオ・キクチ」からだ


DSC_1182S_20090708120138.jpg
散々動物と遊んだ後
クリスチャンさん宅で秋田犬のことや日本好きのことなど様々な話をしてくれた
まぁほとんどはアルバムの写真見ながらうんうんと言うだけなんだけどね



DSC_1229S.jpg
それにしても闘犬だけあって立派な体つき
うちで毎日寝転んでいる胴長短足とはえらい違いだ



DSC_1235S_20090708120138.jpg
こんなフランスの片田舎
広い庭でのんびり生活する
日本の犬、秋田犬に出会えるとは
とても素晴らしい出会いを感じた寄り道旅でした








さて

そんな思い出ある秋田犬出演する

「HACHI 約束の犬」

絶対泣いてしまうと思うが是非見てみたい映画ではある



テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

  1. 2009/07/04(土) 08:26:20|
  2. いぬ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

受け継がれていくもの

犬と生活を共にし
一緒に添い寝するまで
犬が仰向けで寝るなんて知らなかった・・・


DSC_5087S.jpg

朝起きると股の間で
丸い腹をどーんと出して
足は豪快に開き「ぐぅぐぅ」とイビキをかいている




同じ無防備な腹を出すでも
先日面白い行動があった




コヤツを連れて散歩に出かけていると
突然リードに引きがあった
まぁた電柱で匂いでもかいているのかと振り返ると

干乾びたミミズを一生懸命
「くんくんくんくん」している
そのうち鼻を支点にしミミズミイラを中心に
グルグル回りだした!
5~6周したところで今度は
腹を出し背中にミミズミイラを押し当てはじめ
グリグリグリグリ体をこすり付けている・・・

DSC_5871S.jpg


「コラッなにしてんのっ!」とリードを引っ張るも
しつこく食い下がる
いったいなんなんだ・・・
意味不明な行動





先日
書店でとある本に目がとまった


「イヌの気持ちがおもしろいほどわかる本」

http://www.amazon.co.jp/イヌの気持ちがおもしろいほどわかる本-扶桑社文庫-い-18-1-イヌとの暮らしを楽しむ会/dp/4594057403

文庫: 223ページ
出版社: 扶桑社 (2008/8/28)
ISBN-10: 4594057403
ISBN-13: 978-4594057404
580円


DSC_5863S.jpg

啓文堂書店
雑学文庫大賞2009 第一位らしい

柴の買っておくれ的な見上げ目線にもやられた


飼っている人全員の願望は、イヌともっと意思疎通をしたいということだろう。
本書では家族の一員であるイヌのココロを、しぐさや鳴き声などイヌの行動から
詳細に読み取るノウハウを紹介する。
よくある実用書のペットの買い方ではない、本書は、しゃべらないイヌの気持ちが
面白いようにわかる本なのである。



本書によるとこうある

「道端のゴミ袋に体をグリグリなんでわざわざ汚れたがるの?」

犬を散歩に連れ出すと道端に転がっているゴミ袋の上にねころがって
体をこすりつけたりすることがあります
セミやミミズの死骸など、農村で飼われている犬のなかには牛や馬の糞の山に
好んで身を投じる犬もいるという
河原の打ち上げられた魚の死骸も大好きらしい


あまりうれしくない犬の性癖ですがこれは

「かつて犬が野生だった時代の習慣の名残」

であろうと言われているらしい


かつて狩猟動物だったころ犬は獲物を狙うとき自分のニオイがしないよう
必ず風下から近づきました少しでもニオイに気づけば獲物は逃げてしまい
いくら俊足で追いかけても捕まえられません
できるだけ近づいて獲物を追い詰めやすくする為には
自分のニオイを消すのが一番
そこで自分の体臭よりさらに強いなにかのニオイを漂わせていれば
存在に気づかれないだろうと野生だったころの犬は学習した

野生だったころの習慣が現代まで
脈々と受け継がれているのではないかということだそうです


DSC_9328S.jpg

こんな腹出して油断しまくりな
のほほん育った室内犬に
狩猟犬だった頃のダックスフンドの血が流れていようとは
犬ってのはなんとも面白い動物である






そんな

「血」

受け継いだDNAってのは恐ろしいもので


以前実家に帰った時に
家の片隅に眠っているオヤジの所有物を
ガサガサいじってみた


うちのオヤジは現在定年退職
元エンジニアで
音響屋も片手間で趣味で自営していた

なので怪しい音響機材が家にゴロゴロ

昔からラジオ、アンプ
レコードプレイヤー、スピーカーなど
様々なモノを自作していた

子供の頃の私にとっては
わけのわからない部品で溢れた生活だった


DSC_4546S.jpg
MADE in ENGLAND g.e.c.valve
家のそこらじゅうに転がっている真空管



DSC_4548S.jpg
なぜか玄関に真空管が並べられている
日本広し探せど真空管がお出迎えな家は珍しいだろう


DSC_4662S.jpg
昔、真空管アンプを踏みつけて熱い思いをしたことがある



DSC_4648S.jpg
自分で全て機材を集め土日に行っていた音響屋
ほとんど友人の音響屋にあげてしまったらしい



DSC_4641S.jpg
よくわからないテープが何百本と高く積み上げられている




DSC_4644S.jpg
仕事後、ウン十万もする巨大スピーカーの前で黙々と聞いたクラシックCDは何千枚とある
私が吹奏楽に進んだのもこの血のせいかもしれない



DSC_4517S.jpg
土台、クリアケースまで自作したなんだかレアらしいレコードプレイヤー
DIYで自分でなんでも作ろうとするのも血



DSC_4503S_20090530084524.jpg
「なんやお前も一眼使っとるんかい」と棚の奥底からゾロゾロ出てきた一眼レフ
現代のNIKONを扱う私のチョイスもオヤジからの血統らしい



とりあえず自分でやってしまいたい
DIYが大好きでなんでも作ったりしてしまうのは
オヤジから受け継いだ「血」DNAらしい


犬も人間も同じ
こうして脈々とDNAが受け継がれていくんだなぁ







テーマ:見つけたモノ - ジャンル:ライフ

  1. 2009/05/30(土) 21:46:06|
  2. いぬ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

意思を持つ者達

動物が大好きです

特に用もないのにペットショップで
動物を眺めながらまったり時間をつぶしたりしてます


私が住む吉祥寺はなにげに動物が多い土地だ
ペットを飼う人たちが多く住む街で
井の頭公園に行けば
犬の散歩にかならず出会う
井の頭池には野鳥や亀や鯉
多くの野良猫や鳩にカラス

北東街には必ず野良猫がたむろしているし
アイ メイト協会があることから盲導犬の訓練にしょっちゅう出くわす
数多くのペットショップや象などがいる井の自然文化公園まである



朝早く起きて
スターバックス井の頭公園店に行けば
犬を連れた常連のお客さんが必ずいる
犬のしぐさを遠めに眺めながら楽しむ朝のひと時

すぐ隣の喫茶店ドナテロウズに行けば
無愛想な看板猫にも逢える


犬連れる人がいれば
その姿に思わず顔がほころぶし
野良猫見れば
手が届かない塀の中や車の下まで追いかける
鳥見れば飛び立つまで眺めてる




そんなわけで動物見かければシャッターを押す



以前行ったフランス~イギリス旅行でも多く撮った
背景が背景だけにどんな場所で撮っても絵になるヨーロッパ






DSC_0975S.jpg
店先から振り返る



DSC_0968S.jpg
看板の上にたたずむ猫
どこの国の猫も高い所は好きらしい



DSC_0848S.jpg
噛まないよ~とは言われつつも恐る恐る触る子供とシェパード



DSC_0832S.jpg
夜明けに古城で眠る鳩



DSC_0616S.jpg
マルタンスさんに捕まえられたカタツムリならぬエスカルゴ
この後エスカルゴストックバケツに放り込まれる



DSC_0391S.jpg
裏路地のお店からこちらを眺めるレトリバー



DSC_0307S.jpg
主人の帰りを静かに待つ



DSC_2192S.jpg
小さな骨董街を縄張りとするボストンテリア



DSC_1272S.jpg
人懐っこいワイヤー・フォックス・テリア、グッピル二世



DSC_1235S.jpg
フランスの片田舎でのんびり生活する日本の犬 秋田犬タケオ



DSC_1168S.jpg
クリスチャンさんとTAKEO
KIKUCHI TAKEOからとった名前らしい



DSC_1090S.jpg
ヨーロッパではそこそこ認知度が高いらしい秋田犬、遥々ベルギーからやってきた



DSC_0260S.jpg
マルタンス家の管理人室に住み着く猫
容姿も性格も日本のトラ猫となんら変わりは無い






ヨーロッパももちろんいいけど
日本の和風な古い街並みも大好きだ
下町風景に和猫はつき物




DSC_6715S.jpg
神楽坂の金魚



DSC_6740S.jpg
散々ストーキングされお怒り気味のパンダネコ



DSC_6754S.jpg
ふくねこ堂の看板猫
人形かと思ってたら動き出した、照明が温かいらしくいつもここが定位置



DSC_6s792S.jpg
また一匹追いかけられないところまで逃げられてしまった・・・




そんな私は今日も明日も
どこかですれ違う動物達を眺めながらニンマリしているんだろう・・・


  1. 2008/11/28(金) 08:28:23|
  2. いぬ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ

ANTIQUES CAFE

ANTIQUES-BANNER-200-40.jpg www.antiques-cafe.com ANTIQUESCAFE-blogtop.jpg ANTIQUES CAFE
ASAGAYA
TOKYO SUGINAMIKU
SHIMOIGUSA 1-4-18
WGS84
35゜42'52"N 139゜38'03"E
Tokyo Metropolitan Public Safety Commission
antiques dealer
No.304431306566

facebook

Twitter

アンティークスカフェの
現在状況や最新情報と
RYUJIのどうでもいいツブヤキ

フォローよろしくお願いします

最近の記事

カテゴリー

ANTIQUES CAFE TOKYO ASAGAYA

DSC_blogside07.jpg . DSC_blogside04.jpg . DSC_blogside02.jpg . DSC_blogside01.jpg . DSC_blogside03.jpg . DSC_blogside06.jpg . DSC_blogside05.jpg

COUNTER

CAFE RACER

W650cafe.jpg

ANTIQUES CAFE Co.,Ltd.

ANTIQUES-CAFEri.jpg 東京都公安委員会 古物商許可
第304431306566号

ブログ内検索

antiques-cafe.com

antiques-cafecom.gif

LINK

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

月別アーカイブ

ACCESS


ジオターゲティング

BlogRanking

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。