東京 阿佐ヶ谷 アンティークスカフェ

アンティークスカフェ RYUJIのブログ

アンティーク チャーチチェアー

アンティークスカフェだけに
アンティークのことなんかをつらりと

メインの趣味をオートバイに重きを置いて以来
ほとんどインテリアやアンティークなどを購入することがなくなった



アンティークのいいところってのは一言で言えば

「一点モノ」であることに尽きる

その昔生産され長い年月を連ね
使い込まれた本物の質感
材質の熟成、色合い、角の丸み

必要なまでに利益を追わない
丁寧に作りこまれた造り

もう二度と生産されることのない
歳を隔て育った同じ形のない

まさに一期一会
とある場所ある時間にそのアンティークと出会い

もし購入を戸惑い

次回訪れた時にもう売れてしまっていたのであれば
もう二度とその目を留めたモノに出会うことはない

そのアンティークを気に入り購入したのならば
ほとんどの場合そのまま所有し続ける
一度売れてしまった、一度人の手に渡ったアンティークは
自分の手元に戻る可能性は恐ろしく低いのだ



DSC04580S.jpg



ヤフオクでは毎日恐ろしいほどのアンティークが取引されている


潰れてしまった駄菓子屋のガラスケースや陳列棚

古民家から引っ張り出してきた年季の入った家具や小道具

おばあさんのタバコ屋さんに使われていたタバコショーケースなど


ちょっと検索すれば欲しいものばかりで
もちろん競り負けたり入札を見送れば
もう二度と同じ商品を手に入れることはできない

見ると欲しくなるので
あえて検索しないことにしておいた

一度欲しくなってしまうと物欲と戦うのは大変だ



DSC02856S.jpg




うちのパソコンとその周辺機器はやたら近未来的だ
部屋でもっとも現代的である風景

しかしそれらを使用するパソコンデスクはレトロ調


DSC_4305S.jpg


まだヤフーオークションも知らない時期で
気に入ったデスクを求め様々なお店を回り
結局ロフトでアンティーク調デスクを購入

そのままではいけすかないので
取っ手を真鍮製のものに交換
フックや横穴も真鍮品を取り付け
もちろんネジはマイナスネジ



椅子は本物のイギリスアンティーク

DSC_4302S.jpg


この腰辺りに変な入れ物が付いている椅子は
チャーチチェアーと言ってその名の通りイギリスの教会で使用されていた椅子

チャペルチェアとも呼ばれ19世紀から教会でよく使われるようになったことから
この名前が付けられています


この背もたれポケットに聖書を入れるわけです
非常によく手の届く使い勝手のよい場所に何を入れようか考えるのはまた楽しい
うちではリップクリームとかテレビのリモコンとかいれて使ってます


この椅子は吉祥寺のミヤケで購入した損傷品で
背もたれの横木や上部木釦が無いのと足のガタツキがひどくたしか8~9000円ほど
相場は15000円~以上はするのでお買い得

SRのキャリアに強引に結びつけ持ち帰りました
その後足枠をボンドで補強
足底が合わないガタツキにはゴムアジャスターをかまし
紛失した木釦後には似たような大きさの真鍮画鋲を取り付けたりして修正

今日も元気に私のパソコン作業を支えてくれています









とっても大好きチャーチチェアー





やめときゃいいのにヤフオクで検索してしまった・・・






そして先日二脚の椅子が届いた・・・

使い道もないのに・・・










DSC_4284S.jpg
神様・・・この無駄使いをどうかお許し下さい




「長く大事に使っていただければ値打ちは下がりません」

という売り文句に

そうだなぁいずれもし使わなくて売りに出すことがあっても
この相場は下がらないし同じ値段かそれ以上で売れるな
価値がさらに上がるかもしれない固定財産みたいなものだ

という考えを抱いてしまい思わず落札

そして同じ出品がもう一つ・・・
送料変わんね、ついでだ「エイッ」ってノリ


気になる落札値段は即決価格の一脚13000円

何時落札されてしまうかわからない即決出品

ヤフオク落札平均15000円の相場より安く

形があまり見られない特に造りこまれた型

検索ワードがたどり着きにくい検索数が低いタイトル


などがおおまかな理由(言い訳)




DSC_4274S.jpg
しかしこの新たな家具にもっとも喜んだ?興味をしめしたのはうちにいるダックスだ


なんかやたら匂いをかぎ続けている

クンクン・・・クンクン


ずっとクンクン



縄張りを乱す敵なのかこの椅子は




隅から隅までクンクン・・・クンクン


DSC_4247S.jpg
ほんとあきれるほどついて離れませんでした


なんか塗りこまれているのか?
おいしいものでもついていたのか?

なんだろうこの行動


1時間ほど匂いをかぎまわり
仲間と認められたのかベッドの上で丸くなる


DSC_4291S.jpg
長年教会に通う人々を支え続け使い込まれた深みある色合いの天板



DSC_4285S.jpg
神聖なお祈りの場で活躍してきた聖書ポケット



DSC_4288S_20090311100435.jpg
今回の決め手、折りたたみ式ステップ
お祈り時に足を乗せるらしい
蝶番はマイナスネジが埋め込まれていた

ものすごい昔にこの型のチェアーをどこかで見かけた記憶がうっすらとある



DSC_4287S.jpg
背もたれ上部にはコイン投入口のような穴
その下には木枠を取り付けていたような釘跡があり
もしかしたら募金ボックスのようなものがついていたのかもしれませんね



遠い果ての地、イギリスの教会からやってきたチャーチチェアー
人名やLOVEといった落書きもいい味です




テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/03/10(火) 22:52:03|
  2. アンティーク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガス欠しても懲りない男

うちにいるダックスは
とにかく小食だ

最初の頃はぜんぜんご飯を食べなくて困った
朝と夜の二食なのに犬ってのはあんまり空腹感がないんだろうか

ご飯を食べてくれるよう
色々なドッグフードを試し
砕いてみたり、混ぜてみたり試行錯誤した結果

こいつはヘルシーな犬で
トロトロに似た野菜や鳥ササミが入っていないと見向きもしない

ササミ、じゃがいも、ニンジン、キャベツ、さつまいも、ブロッコリーなんかを
長時間茹でて差し上げるのである



10323S.jpg




今朝、肉がなかったので
野菜だけ入れて差し出したら
クンクンと少し匂いをかぎ
ほっぱらかしてボリボリとカイカイしたり毛づくろいしている・・・
食べない・・・何度ご飯のそばに強制移動しようとも食べない

最近は肉が入っていないと食べないのだ
しかたないので二郎偽カエシ醤油でここ3日間煮込んだ
私用の豚バラをお湯で洗ってほんの少しだけ混ぜた
単価高い手の込んだお楽しみトロトロ肉が・・・

さすると、ムクッと起き上がりそそくさと食べ始めた
犬ってのはなんともわがままというか賢いというか・・・



18222S.jpg



そして今日もイイコイイコと言いながらウンチを拾う










前回の続き

W650のガスコックとガスラインの組みなおしを行う

DSC_4227SS.jpg
ガソリンを抜きコックを外すゴムは劣化していて
隅には多くのゴミが溜まっていたので除去



DSC_4230SS.jpg
ガスコックにあわせてまたお手製のゴムガスケットを作製する



DSC_4232SS.jpg
アンドロラ社製のガラス管ベンデックスもパーツクリーナーを吹きながら細かな粉塵をはらっていく





SRXのコックを流用した
ガス給油口は太さが9~9.5mmほどある

しかしそこから6mmのフェールホースにサイズダウンするアダプターに
噛ませなければならない

9mm=6mmというアダプターは無く10mmや8mmしか販売されていないのだ
散々組み合わせで悩んだ結果

8mmフェールホースをなんとか組み合わせるしかないという結論に達した
よく使用される8mm規格が通れば組み合わせ部品、材質の種類が増えるのだ

DSC_4229SS.jpg
柔軟性にとんだ耐油、防炎性の高いフェールホース

なんとかコック根元まで差し込むことができた




DSC_4235SS.jpg
これでフェ-ルフィルターやキャブにいくラインの6mmサイズダウンできるアダプターをかますことができる


DSC_4233SS.jpg


SRXのコックは内部のゴムが劣化しているらしく
ガソリン漏れがひどかった
このコックとリザーブ機能は殺して
直接キャブにラインを引く
ラインがウネウネ取り巻いているメカメカ感が好きなので
旧ラインとコックはこのままダミーとして残した


DSC_4236SS.jpg
ガソリンを流し込み町内を一周、普通にガソリンが回っている



以前SRに乗っていた時と同じようにリザーブ機能がないオートバイになってしまったが
バイクに乗りながらパカッとガソリンキャップを開き覗き込むのも楽しみの一つだ

まぁこのおかげでSRの時は何度かガソリンスタンドまで押した記憶が・・・




SR時代に培った
車体の微妙な軽さや車体を傾けた時のガソリンの流れる音で
ガス残量が分かる男




テーマ:ガソリン価格 - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/03/09(月) 08:26:22|
  2. W650カスタム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まずは格好から入る男

先日
暖かい日を狙って

またパンクしてほっぱらかしておいた
ベスパのパンク修理に着手した



DSC_4137SS.jpg
ミシュラン インナーチューブ

タイ製より若干高くなってしまうが
今回は安パイのミシュランを東京ベスパ中野店にて購入


それと平行して
W650のガスコックとガスラインの組みなおしを行う

DSC_4132SS.jpg
ストックしておいた部品と新たに購入したフェールラインなど


作業用のジーンズがペロペロに破れてしまっていたので
前にツナギを手に入れた


DSC_3632SS.jpg
ホンダの白ツナギ

汚れるのわかっているのにあえて白いツナギなホンダのコダワリがシブイ
ウイングマークがついてるのでたぶんバイク部門のものです
プライベート使用で近所歩くには恥ずかしいが
衣服の汚れ気にせず座り込んだり寝ころんだりできるのはかなり気楽

あまってるワッペンとかTシャツプリント紙をはりつけたいとこですね



DSC_3626SS.jpg
HONDAの赤い文字がマブシイ

まぁそんなツナギ着るようなたいそうな整備は行わないが
気分の問題ですね


ベスパのパンクは以前書いたパンク修理記事と同じ進行

http://antiquescafe.blog114.fc2.com/blog-entry-127.html



DSC_4213SS.jpg
水の中にいれて穴を探る、プクプクと泡が出る
パッチでよさそうな規模なので今回ミシュランの出番はなさそうだ
また次回   ・・・というか次回はできるだけなしで



DSC_4224SS.jpg
チューブ表面を荒めのヤスリで削り
チューブ用ボンドを薄くのばししばし待つ
やや乾いたところに自転車用の修理パッチをあてる



DSC_4226SS_20090305091703.jpg
随分前にベスパ普及ボランティアみたいな輸入バイヤーの方から落札したステップもついでに取り付ける


よく見かける鉄板ステップではなく
U字フレームのちょっと変わったデザインだ
錆び錆びだがそれも味



DSC_7917S_20090305092302.jpg
東京ベスパ本店で購入したアルミスタンドカバー

ET3に付くとの話だったが
すなおにポン付けはできなかった

つきますよ~との返事の中に
ベスパの世界では要加工という文字が含まれる

先が一回り広がった枠はペンチで剥がせたが
溶接の盛りが邪魔して入らない
この後のW650の作業と夕暮れも近いので今回は見送った






DSC_4225SS.jpg



で完成



しばらくエンジンをかけていなかったので
久しぶりに乗ってみる

ツナギを着たまま近所を走る
ちょっとバイク屋になった気分だ

う~んやっぱりこのスクーターは楽しい!
少し温かくなった気候の風がここちよい
芝刈り機のようなエンジン音とグリップによる加速

セブンイレブンまで缶コーヒーを買いに行くのもちょっとしたツーリングになりえる
ベスパはそんな乗り物だ






テーマ:HONDA - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/03/05(木) 09:42:24|
  2. ベスパ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スポーツスター XLCRマフラー

私は猫派の人だった

もちろん今でも街で見かければ
逃げて追いかけられない所まで追って相手する・・・というかしてもらう

以前はアニマルセラピー求めて
公園や猫カフェに足しげく通ったが
今はすっかり犬の虜だ

08S.jpg



犬ってのはなんでこんな感情変化が激しいんだ
さっきガブガブ噛み付いていたかと思うと
オヤツをかざせばどっからその声出すのかと思うほど甘えてくる

ちょっと部屋を出て帰っただけで
まるでウン十年後の再開のような飛びつきと尻尾の往復速度

猫の冷酷なトコが好きではあったが
犬の感情豊かなトコもものすごく面白い

06S.jpg


そんな愛らしい犬の下僕となって
今日もイイコイイコと言いながらウンチを拾うのだ









先日また家に宅急便が届いた
今回の獲物は大きい









DSC_3954S.jpg
期待して覗き込んでもこんな大きいのは君のオヤツじゃぁない


ヤフオクのアラートに網を張りつつ
マメに検索し続け2年の後ようやく出品されたスポーツスター用パーツ

DSC_3941S.jpg
イージーライダース製 XLCRレプリカマフラー




ハーレーのパーツってのは
とにかくド派手なパーツが多い
テーパードやメガホン
ドラッグなマフラーばかりだ

そんな中ハーレーマフラー唯一の
左右2本出しのキャブトンっぽいマフラーがこのXLCR


ハーレーダビッドソンXLCRは
1977年と1978年に製造され
創業者の第三世代であるウィリアム・G・ダビッドソンのデザインした
フロント19インチ、リア18インチというハーレー唯一のカフェレーサー
総生産台数わずかに3133台という希少なモデル

XLCR 1000



そしてこの車両に取り付けられている
左右対称に接合したエクゾースト・システム
スポーツスターのエンジンと結合された漆黒の排気筒が
XLCRマフラーだ


SR時代の片方出しのマフラーも好きだが
やはりオートバイは左右2本出しがもっともカッコイイと思う
真ん中で結合された'X部'はあまり好みではないが
気に入らない形ばかりのスポーツスターマフラー軍の中
このタイプのエキパイが発売されているのを知った時は歓喜した



XLCRタイプ、XLCRレプリカを販売している会社は現在2社

ハーレーパーツの大御所
イージーライダース EASYRIDERS

http://www.easyriders.jp/




SRやW650等シングル界でも有名な
モーターステージ MOTORSTAGE

http://www.motorstage.co.jp/





イージーライダース製はレプリカと銘打って
形を忠実に再現してあり
エキパイが若干角度をもち
サイレンサーが非常に長い


http://www.easyriders.jp/webstore/details_hd.php?syohin_code=H4223

H4223_1.jpg






モーターステージ製はタイプと銘打ち
XLCRの形をしつつエキパイに丸みがあり
サイレンサーは同社のブラスマフラーから選択する形となる


http://www.motorstage.co.jp/products/hd-xlh/xlh-headpipe

bike-07xlcr2.jpg




個人的にサイレンサーはキャブトンの形をしたイージーライダース製
XLCRにこだわってはいないのでエキパイはよりシンプルなモーターステージ製が好みだ

だがこの2社のエキパイとサイレンサーを連結できる保障はどこにもない






以前一度モーターステージ製のXLCRタイプが格安出品された
散々悩んだ挙句落札するのをやめた
どうしてもこのサイレンサーの形に納得できなかった
気になる落札金額は38000円ほど


結局私は今回出品されたイージーライダース製を選択した
やはりサイレンサーは「Come And Buy To Osaka Nakagawa」(大阪中川まで買いに来たれ)
の由来あるCABTONタイプが美しい

どこかのサイトにイージーラーダースXLCRのサウンドは満足と
レビューされていたのも決め手
単気筒のトコトコ音もいいが
実はW650やハーレーの重低音が好みだ
サンダンスのボマーやサンダーヘッダーマフラーも捨てがたいが
気分でいつか取りかえればいい

というかいつ車両手に入れるんだよという
ツッコミはいりません




オークション最初の掲示金額は60000円だった
いくら定価が10万円とはいえこれは高い

オークションってのは定価の3分の1ほどでないと意味がないと思う

誰も入札しないだろうとは思いつつも
終了10秒前に入札してくる輩がいるんじゃないだろうかと
ハラハラしながら「詳細な残り時間」ウインドとにらめっこした

この後5000円安の55000円で再度出品された

これはもう少し安くなる?と期待を膨らませ
もう一度見送った

次の開始金額は50000円
これも入札無しに終了


いったい何人ほどの人間がこのマフラーを欲しがっているのか?
スポーツスターのカフェレーサーっぽいカスタムに興味を抱いている人が
そんなに世の中にいるものなのか?




e-bayのように閲覧数が表示されるといいんですけどね


そして韓国旅行から戻り
成田空港に到着するやいなや携帯でウオッチリストを閲覧すると
スタートが30000円に!
帰国チェックを受けながら怪しいガッツポーズを決めるも
旅行で散々お金を使った後でちょい凹む

結局3人で入札争いの後35000円で落札




DSC_3937S.jpg


エキパイしか写っていない怪しい写真の出品でしたが
届いてみれば説明書付きの超美品でした

現在W650に装着しているマフラーは
大和ステンレス製マフラー
材質はステンレス製とスチールクロームメッキ製があって
私のマフラーはステンレス製
このステンレスのエキパイ焼けってのがなかなかやっかいで
ステンレス研磨剤でピカピカに磨いても
一回の走行で茶色く黒ずんでしまう

やはりマフラーはスチールクロームメッキが美しい




remilitary08S.jpg


にしてもロイヤルエンフィールドみたいに長いサイレンサーです

しかしエンドの出っ張りが超短い・・・


DSC_3938aS.jpg


先っぽにスチールの筒かなにかかまして延長したら
排気的に問題が出てくるんだろうか・・・


テーマ:改造日記 - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/03/03(火) 10:44:39|
  2. XLH スポーツスター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ANTIQUES CAFE

ANTIQUES-BANNER-200-40.jpg www.antiques-cafe.com ANTIQUESCAFE-blogtop.jpg ANTIQUES CAFE
ASAGAYA
TOKYO SUGINAMIKU
SHIMOIGUSA 1-4-18
WGS84
35゜42'52"N 139゜38'03"E
Tokyo Metropolitan Public Safety Commission
antiques dealer
No.304431306566

facebook

Twitter

アンティークスカフェの
現在状況や最新情報と
RYUJIのどうでもいいツブヤキ

フォローよろしくお願いします

最近の記事

カテゴリー

ANTIQUES CAFE TOKYO ASAGAYA

DSC_blogside07.jpg . DSC_blogside04.jpg . DSC_blogside02.jpg . DSC_blogside01.jpg . DSC_blogside03.jpg . DSC_blogside06.jpg . DSC_blogside05.jpg

COUNTER

CAFE RACER

W650cafe.jpg

ANTIQUES CAFE Co.,Ltd.

ANTIQUES-CAFEri.jpg 東京都公安委員会 古物商許可
第304431306566号

ブログ内検索

antiques-cafe.com

antiques-cafecom.gif

LINK

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

月別アーカイブ

ACCESS


ジオターゲティング

BlogRanking

最近のトラックバック

RSSフィード