東京 阿佐ヶ谷 アンティークスカフェ

アンティークスカフェ RYUJIのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アルミ電装ボックス

SR用WM社製アルミ電装ボックスをWに装着する
雑誌などでたまにみかけるのでとにかくなんとかすれば載るらしい
でも結構重さもありぐらついたらやばそうなので
取り付けはしっかり行わなければならない
配線もめんどいので結構頭痛い部類のカスタムだ

DSC_4372.jpg

とりあえずこないだのディスクグラインダーでグリグリ磨いた
人気商品だけあってやっぱ形はかっこいい

DSC_4374.jpg

横の穴は使わないのでマイナスネジで埋めた
ぜんぜん見えない場所だがこういうところでおしゃれしたい
マイナスネジがおしゃれなものなのか・・・


フレームにくくりつける前になんとなくバッテリーをいれてみた
ガガッ!!がっ入らない!なんかバッテリーがでかい!
調べてみると1999~2000年式はTX14-BSサイズででそれ以降は
ワンサイズ小さくなりTX12-BSサイズらしい
これはまいった

んでしかたないのでTX12-BSを落札
Wのスペシャリスト多摩ショップさんに問い合わせたところ
ぜんぜん問題ないらしい、ただ純正エアクリーナーに形が合わないだけだ

DSC_4366.jpg


有名なユアサじゃぁなくて古河を選んでみた
理由は昔うちの近くに古河バッテリーっていう看板があった
なんか懐かしくて・・・ただそんだけ


DSC_4368.jpg


メンテナンスフリーは楽だねまとめて注入

DSC_4371.jpg


もちろんそのままでも使えるが初期の段階で充電すれば容量が増える
一日置く、バッテリーが入らないことがわかり落札から充電となんかしら日数がかかる、作業もストップ

DSC_4406.jpg


14と12じゃぁぜんぜんサイズが違う、高さを測ってネットで調べるのも一苦労だった
14バッテリーはどうしよう使い道がねぇ・・・充電して売り飛ばす?売れるかな・・・


DSC_4367.jpg


すっぽり意外な所で時間を食ってしまった

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/08/09(木) 00:02:29|
  2. W650カスタム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<電装ボックス吊り上げ | ホーム | パワーフィルター>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://antiquescafe.blog114.fc2.com/tb.php/12-bb67b310
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ANTIQUES CAFE

ANTIQUES-BANNER-200-40.jpg www.antiques-cafe.com ANTIQUESCAFE-blogtop.jpg ANTIQUES CAFE
ASAGAYA
TOKYO SUGINAMIKU
SHIMOIGUSA 1-4-18
WGS84
35゜42'52"N 139゜38'03"E
Tokyo Metropolitan Public Safety Commission
antiques dealer
No.304431306566

facebook

Twitter

アンティークスカフェの
現在状況や最新情報と
RYUJIのどうでもいいツブヤキ

フォローよろしくお願いします

最近の記事

カテゴリー

ANTIQUES CAFE TOKYO ASAGAYA

DSC_blogside07.jpg . DSC_blogside04.jpg . DSC_blogside02.jpg . DSC_blogside01.jpg . DSC_blogside03.jpg . DSC_blogside06.jpg . DSC_blogside05.jpg

COUNTER

CAFE RACER

W650cafe.jpg

ANTIQUES CAFE Co.,Ltd.

ANTIQUES-CAFEri.jpg 東京都公安委員会 古物商許可
第304431306566号

ブログ内検索

antiques-cafe.com

antiques-cafecom.gif

LINK

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

月別アーカイブ

ACCESS


ジオターゲティング

BlogRanking

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。