東京 阿佐ヶ谷 アンティークスカフェ

アンティークスカフェ RYUJIのブログ

ターミネーター4

映画監督

やっぱりジェームスキャメロンが好きです


先日ターミネーター2完全版をもう一度見返して
改めて思いました

映画に無駄なシーンが一切ない
行動、セリフ一つ一つに布石や意味を持つ

カットされたシーンには特に意味合いが深くなる
情報が仕組まれていて当時どうしてもカットしなければならなかった
映画の尺を恨みますね

terminator_10S.jpg





この映画の良いところは語りつくされていますが
アクションを差し置きジョン・コナーとターミネーターとの会話
二人が共に成長していく描写は見返してみると本当にすばらしい

terminator2-4S.jpg





こんな予告映像がある

普通の予告編は前回敵であったターミネーターが
今回は味方となり共に戦うということがわかってしまう内容だったのですが
もしこの予告映像を見た上で初めて本編を鑑賞したならば
最大限にこのターミネーター2を楽しめただろうなぁと思う

本編のショッピングセンターの裏手廊下
アーノルド・シュワルツェネッガー演じるT-800と
ロバート・パトリック演じるT-1000が初めて向き合うシーン
ここまで映画内でT-800が味方となってタイムスリップしてきたという情報は一切無い

バラの花束が銃となり落ちたバラが踏みつけられる

ジョン・コナーがターミネーター2人に挟み撃ちににあいもう駄目だっ!
と思った瞬間

Get Down!(伏せろ!) 


訳もわからず伏せるジョン!銃口が火を噴きもう一体のターミネーターを撃つ
自分の体を盾にしてジョンを守るT-800

ここで初めてT-800は味方という事実がわかる
1作目でターミネーターは敵だと思わせておいて
2作目では味方となって一緒に戦ってくれる

これほど視聴者にとっては心躍るストーリーの映画があるだろうか
見返して改めてジェームス・キャメロンのターミネーター2は
傑作映画だなぁと改めて思う






さてそんな伝説的な映画T1、T2の続編
(T3は私の脳内で存在しません)





「ターミネーター4 」 (正式名称Terminator Salvation)

http://www.sonypictures.jp/movies/terminatorsalvation/


を先行オールナイトにて鑑賞してきました
もちろん都心最大規模1000人収容映画館ミラノ座

なぜに先行、公開初日、大型映画館にこだわるかは以前の記事より

http://antiquescafe.blog114.fc2.com/blog-entry-123.html






2009_terminator_salvation_teaser_poster_003S.jpg


“審判の日”から10年後の2018年。人類軍の指導者となり
機械軍と戦うことを幼いころから運命づけられてきたジョン・コナー(クリスチャン・ベイル)
今や30代となった彼は、人類滅亡をもくろむスカイネットの猛攻が開始されようとする中
ついに人類軍のリーダーとして立ち上がることになる


前三作が、未来の殺人ロボット・ターミネーターが
現代にタイムトラベルしてくる筋書きだったのに対して
本作ではこれまで断片的にのみ語られていた
核戦争後の世界で生き残った人類とそれを絶滅せんとする
スカイネット率いる機械軍との全面戦争が描かれている








初めて予告がネット上に流れたときの評判は
クリスチャンベールのダークナイトの効果もあって上々


その後のアメリカ公開

全米映画興行収入ランキングで首位の座に輝いたのはなんとナイト ミュージアム2

5380万ドルのオープニング成績で2位に初登場
先行公開からの記録を合計しても、6700万ドルに留まり
シリーズ前作の記録には達しなかった
興行収入は前作(T3)を下回っている

と幸先の悪いスタート

ところがどっこい
その後の日本での試写会の評判はすこぶるよく

そして金曜日からの先行オールナイト

私的にはかなり面白かったと思います
マニアな視線から見ても多すぎるぐらいのオマージュや
前編(T1T2)のアイテムが出現し
かなり楽しめます

リメイクというかストーリーゼロというか
続編としてはかなり成功していると思います
とりあえず続編にありがちなガッカリはないです


terminator-salvationS.jpg





本編を見るにあたって
同時に広告、展開を行っていた

ターミネーター2の後日譚という設定で
TVシリーズ「ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ」がありますが

McG監督が明言通りこのTVシリーズと「T4」とは全くの無関係でした

クロニクルズを見てからのほうが楽しめる
なんらかの繋がりがあるなら見ておきたいなと考えていましたが
とりあえずは見てなくてもOK


hr_terminator_salvation_6S.jpg




個人的に重要なポイントとしては

劇中T-600というアンドロイド兵器の一種が出てくるのですが
T1とT2のエンドスケルトンはT-800で
今回はまだ民間潜入型ターミネーターT-800の開発途中という設定
T-600は大柄で見た目も金属骨格のまま
そして動きが鈍く遅い

民間潜入型T-800は見た目が人と変わらない生きた細胞を
身に着けたT-600の改良版ということであること

この設定は覚えておいたほうが良いと思います

前回あれだけ強くしつこく食い下がったエンドスケルトンT-800に比べ
今回のT-600はボコボコ倒されていきます
うん?こんなに弱いの?ターミネーターという疑問が少なからず浮かぶ
あくまでもT-800は別格と考えたほうが良いです


Christian_Bale_in_Terminator_Salvation_Wallpaper_5_800S.jpg





あと
総司令部が潜水艦で海の中を常に潜水している設定
アシュダウン将軍が登場するのですが
ジョン・コナーは人類軍のリーダーじゃなかったっけ?と一瞬思いますが
今作はジョン・コナーが救世主になるまでのストーリーを描いているということを
念頭に鑑賞したほうが良いと思いました



今回のキーパーソン
機械と人間のハイブリッドであるマーカス・ライトが
主人公のジョン・コナー クリスチャン・ベイルをくってました
それだけ存在感がありカッコイイです
ただ機械体の露出の仕方
捕らえられるシーンは結構残酷でどうかと思いました


new-terminator-salvation-photo1S.jpg




さてしかしなんで今回このマックG(McG)さんが監督なの?
というのがファンのもっとも不安な所じゃないでしょうか

素直にキャメロンに撮らせればいいじゃんって真っ先に思いますが


wikiより
シリーズを通じてターミネーター(T-800・T-850)役を演じてきたシュワルツェネッガーは
2003年の『T3』公開直後、カリフォルニア州知事に就任して俳優業を休業した
タイトルロールを失ったシリーズは続行不可能とされていたが
『T3』製作総指揮のモリッツ・ボーマンがハルシオン・カンパニーと提携し
2007年にシリーズの権利を獲得。ファンの間でも続編の製作が確実視されるようになった
2007年当時は『T3』のジョナサン・モストウ監督
および知事職が2期目に入ったシュワルツェネッガーも作品への関与に肯定的だったが
ロケ地をめぐる意見の相違により両方が降板
『チャーリーズ・エンジェル』のMcG(マックジー)がモストウの後を継いで監督に抜擢された



とある
まぁ現実の映画社会のゴタゴタで監督が変わり変わりって
よくあるパターンですね

チャーリーズ・エンジェルって見たことあるんですが
ほとんど印象に残ってないな

このニュース記事とか見るとなかなか頭の柔らかい柔軟なお人らしい
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090608-00000003-pia-ent

かなりのニホンマニア
次のT5のロケ地は東京らしい・・・
http://www.tvlife.jp/news/090609_10.php

マックGさんはターミネーターシリーズの熱狂的なファンというわけではなく
子供の頃から好きだったというレベル
しかし今回監督するにあたってかなり前編3部作を研究したとこのこと




私は映画でもっとも重要なエッセンスは

「遊び心」と「オマージュ」だと思うんです

映画の内容進行にはまったく関係のない行動と会話

その映画が何の映画に影響を受けて作られたのか?
続編ならば前編の監督ならびに製作者に誠意を持って続編を作るべし


今回はシツコイぐらい前作
T1とT2 (T3はなかったことになっています)のオマージュや遊び心が
これでもかと織り込まれています



ここよりネタバレを含む文章があります
見てない人は是非劇場で鑑賞することをオススメいたします





















マックGさんが研究した
と答えるだけあって

おおっ!このシーンは?!と思える
マニア心をくすぐるオマージュや遊び心が随所に組み込まれている

「T1」の最後の戦い
映画冒頭でジョン・コナーが上半身のみのターミネーターに襲われるシーン


ジョン・コナーが妻ケイトにアイル・ビー・バック(I’ll be back)と言うお決まりの決め文句


以前のニュースでリンダ・ハミルトンが声のみの出演?!
http://cinematoday.jp/page/N0016568
とあったが

ジョンの母親、サラ・コナー役として声のみの出演を果たしている
サラは息子のジョンのためにスカイネットに支配された未来の世界を予想し
テープでメッセージを残している


レジスタンスの戦闘機操縦士ブレア・ウィリアムズは
強い女、前作のリンダハミルトンを彷彿とさせる


T-800との工場での戦い
足のアップにし階段のステップを上るシーンなど



そしてなにより
カリフォルニア州知事を務めるアーノルドシュワルツェネッガー氏は
公務多忙のためCG合成での映画出演を許可したとの話




ってテレビCMでネタバレしてるし・・・
これはどうかと思う

私はCG映像権の話をすっかり忘れて鑑賞していたので
映画のラストに登場したときはかなり感動しましたね

私は都合で日曜日の先行上映に出向いたのですが
金曜の最初の先行に行っていたならばドヨメキや拍手とかおこってないかなぁ
試写会では拍手などがあったようです
先行公開ならではの会場一体感


顔の部分だけが合成らしく
奇しくもシュワルツェネッガーと同じオーストリア生まれで同じくボディビルダー出身の
ローランド・キッキンガー氏にデジタル合成で若い頃のシュワルツェネッガーに差し替えられている

今回CG出演を果たしたアーノルド・シュワルツェネッガー
妻と4人の子供たちと一緒に『ターミネーター4』を見に行ったそうだが
鑑賞後に子供たちから、「これまでのシリーズ作で最高の出来」と言われて自尊心を傷つけられたらしい
http://news.walkerplus.com/2009/0604/7/





そして映画見て最初に疑問に思った
ジョン・コナーの容姿なのですが
T1で未来の指導者ジョン・コナーの姿が一瞬登場するのですが
その映像では顔に大きな傷を負っています
今回クリスチャン・ベールはこぎれいな顔をしているのですが
なんだ傷ないのか・・・という疑問もラストにしっかり映像化されています




terminator-4_08S.jpg

termiantorwiredS.jpg





同シリーズに対するマックG監督のオマージュは相当なものですね
マックG監督より第5作の製作が正式に発表され、本作が新3部作の序章となる



今回これだけ前作の良いエッセンスを最大限取り入れた
悪い意味では頼ったという形になるので
T5が不安っちゃ不安になるのですが

「T2」でT-1000役だったロバート・パトリックも
次回作「ターミネーター5」(2011年公開予定)への出演が決定しているとのこと

ストーリーどおり
T2のターミネーターを捕獲し過去へ送り出すまでのストーリー
当然またアーノルドシュワルツェネッガー登場ってな感じで
T-1000とのタイムマシーン合戦なんかを描き

T-6では大合戦の末、大団円ってな話を想像すると楽しみでなりません


terminatorS.jpg





ネタバレアリの前田有一 T3のなかったっぷりが最高
相変わらずの辛口と熱いコメント



最後のルパンの音楽とのかみ合いは奇跡的









テーマ:ターミネーター4 - ジャンル:映画

  1. 2009/06/10(水) 08:18:48|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スタートレック | ホーム | 東京銭湯ナイト>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://antiquescafe.blog114.fc2.com/tb.php/165-f01aafea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ANTIQUES CAFE

ANTIQUES-BANNER-200-40.jpg www.antiques-cafe.com ANTIQUESCAFE-blogtop.jpg ANTIQUES CAFE
ASAGAYA
TOKYO SUGINAMIKU
SHIMOIGUSA 1-4-18
WGS84
35゜42'52"N 139゜38'03"E
Tokyo Metropolitan Public Safety Commission
antiques dealer
No.304431306566

facebook

Twitter

アンティークスカフェの
現在状況や最新情報と
RYUJIのどうでもいいツブヤキ

フォローよろしくお願いします

最近の記事

カテゴリー

ANTIQUES CAFE TOKYO ASAGAYA

DSC_blogside07.jpg . DSC_blogside04.jpg . DSC_blogside02.jpg . DSC_blogside01.jpg . DSC_blogside03.jpg . DSC_blogside06.jpg . DSC_blogside05.jpg

COUNTER

CAFE RACER

W650cafe.jpg

ANTIQUES CAFE Co.,Ltd.

ANTIQUES-CAFEri.jpg 東京都公安委員会 古物商許可
第304431306566号

ブログ内検索

antiques-cafe.com

antiques-cafecom.gif

LINK

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

月別アーカイブ

ACCESS


ジオターゲティング

BlogRanking

最近のトラックバック

RSSフィード