東京 阿佐ヶ谷 アンティークスカフェ

アンティークスカフェ RYUJIのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

懐かしのガレージキット

ほぼ梅雨明け夏らしい日々になってまいりました



DSC_7678S_20090730101145.jpg
たべたいたべたいすいかかな


暑中お見舞い申し上げます



これといって夏らしいツーリングに出かけたりすることなく
スイカ、枝豆、とうもろこしばかり食べています




バイクに限らないのが私のこのGoing my wayなブログ
マシュマロマンあたりから好きなこと書いていこう的なノリ












まったく夏らしくなくインドアでディープなガレキ製作記





ガレージキット
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ガレージキットとは、少数生産される組み立て模型のキットを指す
射出成型のいわゆるプラモデル、プラキットに対して
それ以外の生産方法による製品の多くはガレージキットと呼ばれる
原型製作者名が明示され(射出成型に比べて)簡易な複製方法で生産されるのが特徴




欧米における
バックヤードビルダー(自宅の裏庭などで専門家顔負けの技術でいろいろなものを作るひとびと)
の作業場所が主にガレージであることから同好の士が作り配布する小規模な組み立て式模型
このガレージが由来となってガレージキットと呼ばれる



日本では模型と言えばプラスチックインジェクションモデルがメインではあるが
大量生産では採算の取れないマイナーなアイテム
これを液混合型の複製用無発泡ウレタン樹脂による
レジンキャストキットという形で昔から多く販売されている


近年のインジェクションモデルの発達はすばらしく
ほぼパーティングライン(部品と部品のつなぎ目)が目立たない
金型が綿密に計算され生産されており技術的にはかなり完成された域ではある

しかしガレージキットはシリコーン型(歯医者の歯型取りに使われるアレ)
により高密度ディテール、複雑な形状でもどんな角度からも部品を抜ける為
模型の精度ではインジェクションモデル、プラスチックキットでは
到底太刀打ちできないハイクオリティーな立体物表現が可能である

何年経ようともプラスチックキットがガレージキットの表現技術を追い抜くことはできない







映画プロップ
宇宙船、ノーチラス号
エイリアンやプレデター
FSSなどが好きな私にとっては
切っても切れない世界

だが近年、そんな模型の世界ははずれ
何年もプラモすら買わない生活が続いていたが
先日ウチに小さな小包が届いた












DSC_7411S.jpg

この90年代を思わせる手作り感あふれる
古き良きなんでもあり時代ガレージキットらしいレトロパッケージ
まぁ実際全て個人の手作りなんだが



DSC_7412S.jpg
80年代
レトロSF、TRONや
ミクロマン、ダイアクロンなどを思わせる
ロケットロンのロゴ





旧車やロイヤルエンフィールドを扱う
TRカンパニーhttp://www.trcomp.com/index1.htm
繋がりでツーリングをご一緒した
プロのコンピューターグラフィッカーWheelさん

-ヲルタナ-
http://wheel-art.com/

blog をるたな
http://wheelog.blog67.fc2.com/


ブログを拝見しているとバイク記事もさることながら
なんだか80s感漂うレトロなトイカルチャー記事
超合金と戦隊モノで育った私にとってはなんだか懐かしなアイテムがチラホラと


そのWheelさんが最近始めた
オリジナル?パチモンキャラクター
いわゆる俺的なおもちゃの作成

そして個人でも複製が可能なレジンキャストを使い
販売しはじめたガレージキットがこのロケットロン


pert1_leafret.jpg

ヲルタナ ウェブショップ
http://altana.shop-pro.jp/


スペースエイジとレトロテイスト
昔懐かしい手作りガレージキットに誘われて
キット版を購入してみたというわけです




今回は積み模型することなく
しっかり作ってみようかと思います
何年ぶりだろ



DSC_7415S.jpg
いや~素晴らしい抜きと複製です!
パーツ分割、組み立て、精度
ショップ製キットとしても通用する出来

3DCGから立体化されたのでプロCGの強みを生かした説明書なんですが
なんだか懐かしいあの頃のガレキの哀愁
フューチャーモデルズを意識してか
群馬の上毛新聞でくるまれていたのが気になります・・・




DSC_7421S.jpg
まずなににおいても洗うのが最初
離形剤付着が残ると色がのりません



プラモデルと違って
ガレージキットは下地が基本です


DSC_7425S.jpg
シリコン型に二種類の液混合型樹脂を注型し硬化させることで複製する工程上
型内に気泡が発生してしまい業務用の真空脱泡機や遠心注型機遠を使わなければ
どうしてもパーツに気泡の跡が残ってしまう
作りやすく後が残っても気にならない箇所に引かれた
パーティングライン取りは個人レベルでは素晴らしいんですが
気泡残りはどうしようもない



DSC_7641S.jpg
気泡残りを見つけてはアートナイフで穴を広げ
エポキシパテやラッカーパテで平坦に形状を再現していく



DSC_7617S.jpg
シリコンとシリコンの合い目を紙やすりで消していく
320番で荒削りしては1000~2000番で表面を研ぎ澄ましていく
デスクの上がキャストの粉だらけ



DSC_7417S.jpg
昔使ってたドリルの先端やリューターのビットとか
実家から持ってきておいて良かった~
でもパテとか真鍮棒は全て新規に買わなければならなかった



DSC_7645S.jpg
パーツ同士に1.0と2.0の穴を開け
真鍮棒を通し合体
のんびり毎日たらたら作りながら
大体のパーツ修正と仮組みまできました



DSC_7650S.jpg
サーフェイサーを吹きかける
マシュマロマンと違って今回は普通にグレー色をチョイス
グレー地は肉眼でもっとも微妙な凹みや平坦を確認することができる色なのです



DSC_7651S.jpg
サフを吹くまでまったく気がつかなかった
真ん中囲いの細かなモールドの欠け
盛って、削って、またサフ吹いて
これの繰り返し


そんな地道なガレージキット製作
色を塗るのはまだまだ先なインドア趣味生活



誰かツーリングに連れてってください




テーマ:ハンドメイドの作品たち - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/07/30(木) 08:35:11|
  2. 模型 ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<第4回 モーターサイクルスワップミート | ホーム | 青山という地に点在する銭湯>>

コメント

行きましょう!

てか、今度そちらに走りに行きます!(笑

目的地は東京ヴェスパ。
もちろん、ET3で颯爽と…いや、ヘロヘロで登場する予定です。(汗


やっぱり夏は、扇風機の前に陣取って、
麦茶を飲みながらTVで高校野球を見てるのが一番です。ww
  1. 2009/07/30(木) 19:16:12 |
  2. URL |
  3. ネスタ #mQop/nM.
  4. [ 編集]

ありがとうございます!

わーすごい!(自分で作っておきながらw)
丁寧に作っていただいてるみたいでうれしいです。

気泡出ちゃってすみません!顔や目など致命的な箇所に出たものは弾きましたが、逆にパテで直せるところは弾かず残してます。クラフトマンシップを燃やしながら作っていただければ…w 

どうフィニッシュするか本当に楽しみですね~
実際、パーティングライン消したり細かい穴埋めし塗装したモデルってボクも未見ですから…w
  1. 2009/07/30(木) 19:24:08 |
  2. URL |
  3. wheel #ncVW9ZjY
  4. [ 編集]

>ねすたさん
なんかチャンバー変えたり
アルミ履いたり?wタイヤのロゴホワイトと
ステッカーがあいまって
とってもスポーティーに仕上がりましたね
え~ここまでベスパで?もうツーリングじゃなくて
エンジンの限界との戦い・・・苦行かな;
東京ベスパは墨田の本店の方がラインナップ充実してますね
日にちが合えば是非私めも顔を出したいですな( ゚パ)

>Wheelさま
一昔前の離形剤テカテカのプチプチキャスト塊に比べればぜんぜん作りやすいですよw
キャスト地を活かしたレトロトイ感が
本来は一番合うんですよね、コレ
でもあえて塗ってみます
錆び錆び感あるドライブラシのリアル塗装か
レトロテイスト塗装か迷いましたが
自分の欲しいスタイルとバイクがらみにかけて
旧車風に仕上げてみたいと思います
タラタラ作るのでまだ先になりますけど・・・;
  1. 2009/07/31(金) 08:42:24 |
  2. URL |
  3. RYUJI #mQop/nM.
  4. [ 編集]

子供のころにあこがれたガレージキット…。そうそれは大人のプロが作るものw(子供イメージ)
作り方が丁寧ですごいですw私はガンプラ世代なんで、数年前に「大人になった今、全力で作ってみるとどうなる!?」と意気込みましたが・・・アバウトな性格がもろにでました(;^ω^)
いろんな記事楽しいです。完成の記事も楽しみにしてますw
  1. 2009/07/31(金) 12:28:33 |
  2. URL |
  3. 北のエスト乗り #-
  4. [ 編集]

>きたのえすとさま

たとえばTHE-Oとかカトキ版なんて
当時ガンプラ化はされてなくて
唯一ガレージキットで製品が出てて
ものすごい憧れましたね
でもなんで!こんなに高いのッ!と
とても子供が買える値段ではなく高嶺の花でした・・・

にしてもエストレアきましたねぇ
一旦いじると決めると早い早い
なんだか私のカフェ理想エスト版みたいです
  1. 2009/08/01(土) 09:07:06 |
  2. URL |
  3. RYUJI #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://antiquescafe.blog114.fc2.com/tb.php/179-a7093482
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ANTIQUES CAFE

ANTIQUES-BANNER-200-40.jpg www.antiques-cafe.com ANTIQUESCAFE-blogtop.jpg ANTIQUES CAFE
ASAGAYA
TOKYO SUGINAMIKU
SHIMOIGUSA 1-4-18
WGS84
35゜42'52"N 139゜38'03"E
Tokyo Metropolitan Public Safety Commission
antiques dealer
No.304431306566

facebook

Twitter

アンティークスカフェの
現在状況や最新情報と
RYUJIのどうでもいいツブヤキ

フォローよろしくお願いします

最近の記事

カテゴリー

ANTIQUES CAFE TOKYO ASAGAYA

DSC_blogside07.jpg . DSC_blogside04.jpg . DSC_blogside02.jpg . DSC_blogside01.jpg . DSC_blogside03.jpg . DSC_blogside06.jpg . DSC_blogside05.jpg

COUNTER

CAFE RACER

W650cafe.jpg

ANTIQUES CAFE Co.,Ltd.

ANTIQUES-CAFEri.jpg 東京都公安委員会 古物商許可
第304431306566号

ブログ内検索

antiques-cafe.com

antiques-cafecom.gif

LINK

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

月別アーカイブ

ACCESS


ジオターゲティング

BlogRanking

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。