東京 阿佐ヶ谷 アンティークスカフェ

アンティークスカフェ RYUJIのブログ

アバターとエイリアン2

構想14年、製作に4年以上の歳月を費やして完成させた
ジェームズ・キャメロンによる3D映画

「AVATAR」(アバター)


公開が来週の12月23日に迫った
前日12月22日には「3D特別前夜祭」が開催される



http://movies.foxjapan.com/avatar/


avatarnytS_20091217130418.jpg





「アバター」は日本では12月23日よりTOHOシネマズ日劇他、全国でロードショーとなる
「タイタニック」や「ターミネーター」「ターミネーター2」「エイリアン2」など多数の作品を手がけた
ジェームズ・キャメロンの12年ぶりの監督作品である
「アバター」は構想14年といわれており、CGキャラクターと実写映像を合成し
さらに3D映像で収録するという新技術をふんだんに投入した映画となる





at05S.jpg




元海兵隊員のジェイクは、遥か彼方の衛星パンドラで実行される
"アバター・プログラム"への参加を要請された
パンドラの住人と人間の遺伝子から造られた肉体に意識を送りこむことで
息をのむほどに美しいその星に入りこむことができるのだ
そこで様々な発見と思いがけない愛を経験した彼は
やがてひとつの文明を救うための戦いに身を投じていく


監督:ジェームズ・キャメロン
出演:シガーニー・ウィーバー、サム・ワーシントン
ゾーイ・サルダナ、スティーヴン・ラング、ミシェル・ロドリゲス、ジョヴァンニ・リビシ
配給:20世紀フォックス映画






好きな映画監督は?
と問われれば定番すぎるが
やはりジェームズ・キャメロンと真っ先に声が出てしまう








デビット フィンチャー
J・J・エイブラムスなども好きだが


やはりその
手堅すぎるまとまった内容
一切無駄の無いシーンと映画構成
華麗すぎる布石と伏線回収
兵器などに対する深い知識
リアリズムを追求する完璧主義

自分のビジョンを明確に伝える為
脚本から絵コンテにいたるまで自分でこなす
多才な才能と並々ならぬ映画へのこだわり



スピルバーグやジョージ・ルーカス
は過去の映画は素晴らしかったが
近年の映画は正直どうかと思う



特に宮崎駿のもののけ姫以降の作品は
監督のわがままによるテーマの盛り込みすぎと
現代映画事情と尺と期限に揉まれ
海外公開には恥ずかしすぎる内容だろう






まず今回の映画の目玉である3D上映


キャメロンが3Dで撮影するため
リアリティ・カメラ・システム
というカメラシステムを自分で開発した
1台のカメラ本体に2台のハイ・デフィニッション・カメラを使用することで
従来の3Dにはなかった奥行き感を表現することに成功している



at13S_20091217130419.jpg





映画は映画館で見るもの
と良く言われるが
私ももちろんその考え方で
気になった映画は片っぱしから映画館に観に行く

前売り券が1300円
レンタルビデオでDVDを300円で借りるとして
差し引き1000円程度ならば当然
映画館の大画面と大音量で鑑賞した方がお得だろう


映画DAYなどのサービス日は1000円で入れるものの
絵柄が入ったチケットの半券を手元に残すことが出来ないので
ひたすら前売り券鑑賞し
チケットの半券を収集している
私の悪い癖がこんなとこで出る

まぁあとあと整理してみると
あぁそういえばこんな映画見に行ったなと
過去を思い出すことができるよい履歴記録となる


私は記憶ではなく記録に残すタイプだ




それでもやはり

映画なんて何ヶ月かあとに
DVDで借りて観ればいい

民放放映されるまで待つ

うちには映画館さながらの
大型液晶、プラズマテレビ
プロジェクターがある

なんて人も多いかと思うが
今回ばかりはこうはいかない




今年は「3D元年」と言われていて
映画の3D(立体)化が本格始動した
米国の大手スタジオでは、今年を「3D映画元年」と位置づけ
実写大作やアニメ映画を相次いで3D化
日本の映画館でも3D上映に向けた準備が急ピッチで進んでいる



その昔
3D映画といえば
赤と青のカラフルな紙でできた特性メガネをかけ
ドラえもんの飛び出す3D!みたいな感じだったが


現代での3D映画は飛躍的に進歩し
まるでその世界にいるような錯覚を覚える
奥行きと立体感


色の再現性が大きく損なわれ
目や頭が疲れやすく
負荷がかかるあまりに大きな動きや
モーションを続けてはいけないという欠点はあるが
徐々に進歩している


アバターは一般上映と3D上映が公開されるが
無論3D上映を最初に鑑賞する


アバターを観る前の
3Dに対する予備知識として
以前、日本で初の本格的新次元3D作品
ドリームワークス・アニメの
「モンスターVSエイリアン」を3D鑑賞してきた
ちなみに以前の記事のエイリアンとは一切関係ない


映画の内容は
ちょっとひどすぎますね・・・
ピクサー以外のCGアニメは観れたものではない

しかし
現代の進化した3Dってどんなもんだろと
軽いノリで観に行ったが
実際見てみないと伝えられない
その臨場感と奥行きの広さはトンデモナイものだった
目が疲れると言われるがそんなことはなかった
素晴らしい技術



3D上映は
まさに映画館で観るからこそ体験できる
実際に足を出向けなければ得ることの出来ないエンターテイメント

映画の低迷を救い
テレビやインターネット映像との差別化を図る
映画復権へ「3D元年」の始動と言えるだろう






神秘の惑星・パンドラの美しさ!
豊かな大自然には未知の動植物が生息し
息を呑むような幻想的な美しさと生命力に満ちあふれている
脅威の映像世界の断片を体験してみては?

なんて一般人向けな言い文句で
万人に受け入れられそうな内容ではあるが


個人的にはとにかく
前回の記事
私のNo1映画タイトル

「ALIENS」(エイリアン2)

に酷似、共通している点が多数ということが非常に気になる




AX933804S_20091217130456.jpg





映画のカラー

全体に漂う雰囲気
その映画の印象色ってあるが

キャメロンはとにかく

透き通るような繊細な青

「ブルー」な印象が濃い



terminator_050S_20091217130455.jpg





「ターミネーター2」「 エイリアン2」
「アビス」や「タイタニック」にいたるまで
青い照明を多用しブルー一色




img3009e56ezik1zjS_20091217130455.jpg




大学時代、海洋生物学を専攻し
沈没船タイタニック、ビスマルクの探索
宇宙のような深海に潜む神秘的で未知なる生命体を追う冒険ドキュメンタリー
エイリアンズ・オブ・ザ・ディープやアビスなど
なにかしら青い海洋と繋がりある作品が多い



Aliens1986S.jpg





今回も神秘的な青い世界観が広まっている

雑誌でのインタビューでキャメロン自身が
「青色が好き」と答えていたので
ブルーなシーンが多いというわけだ


人間よりも能力が高く
研ぎ澄まされた感覚を持つ
3メートルの身長、尻尾ときらめく青い皮膚をした種族ナヴィ


その皮膚の色もキャメロンが青が好きなので
青にしようと決まったらしい



avatar-blue-aliens-1S.jpg










もはやキャメロンの映画では定番のキャラクターともいえる


女性だけれど男前キャラ
筋肉質なボディーの男勝りの強い女性は今回も健在


080830-T2-SarahS.jpg
ターミネーター2 サラ・コナー役のリンダ・ハミルトン
タバコ吸うシーンが超渋い



AliensVasquezS.jpg
エイリアン2 バスケス ジェニット・ゴールドスタイン
キャラではダントツの人気No1バスケス、超かっけぇ!



そして今回のアバターに出演する輸送機パイロット役


Avatar_scene_4S.jpg
ミシェル・ロドリゲス


「バイオハザード」「S.W.A.T.」を鑑賞し

うわ~この女性なんかバスケスを彷彿とさせる
男前っぷりだな~キャメロン映画に出てきてもおかしくないと
思っていたが今回見事キャストに選ばれた


4054023381_99d8deb800S.jpg


実際
暴力事件やスピード違反
撮影中に飲酒運転をおかしてしまうなどトラブルをたびたび起こす暴れっぷりらしい







Avatar-Photo-1S.jpg

海兵隊の大佐役、スティーヴン・ラングは

「エイリアン2」でオーディションに落選し起用されなかった
しかしキャメロンはスティーヴン・ラングのことを覚えていて
今回アバターに起用されたとのこと

ラングの大佐役はものすごくバッチリ決まっていて大いに期待できる





そんな海兵隊の組織
キャメロン自身
ミリタリーマニアで兵器関連の知識に長けており

James-Cameron-AvatarS.jpg




エイリアン2同様、各種兵器などの設定は事細かに設定されている
よってエイリアン2の軍、海兵隊世界観にソックリ


aliens02S.jpg



近未来の兵器映像&日本未公開シーン満載の「アバター」日本語字幕付き特別ムービー公開
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20091209_avatar_news/


avatar-james-cameron-movie-2-1024x576S_20091217130419.jpg







アバターの音楽はジェームズ・ホーナーが手がける
「エイリアン2」「タイタニック」とキャメロンと組むの3度目


なんだか耳に残るコマンドー
クイーンを船外に飛ばし這い上がる緊迫感
思わず涙してしまうアポロ13の音楽と
すでにアバターのトレーラーで聞ける音楽は非常に美しいものだ







そしてエイリアンの主人公
シガニー・ウィーバーの出演


at07S.jpg

アバタープログラムの責任者
グレイス博士を演じる
なお製作途中の段階では
グレース・シップレイ
「シプリー」という名前だったのだが
「リプリー」に似ているということで
グレース・オーガスティンとなったらしい







aliens064S.jpg

エイリアン2ではドゥウェイン・ヒックス
ターミネーターではカイル・リース演じた
マイケル・ビーンがキャメロンと映画出演に関して話し合いをしたらしいが
出演は確認されていない、非常に出演して欲しいキャストだ
チョイ役、隠し玉として出てこないだろうか・・・




at09S.jpg





アバターでは
宇宙船での惑星間移動の為
5年9ヶ月と22日間という長い期間冷凍睡眠装置に入る
このコールドスリープマシンもエイリアン2と同様だ





莫大な利益をもたらす鉱物の眠る惑星「パンドラ」
時代は人類が宇宙進出を果たした22世紀
パンドラには物体を空中に浮かせる貴重な鉱物アンオブタニウム(1kg=20億円)があり
この鉱物を採掘しようと企業を中心に行われるのが「アバター計画」


企業名はさほど重要なことではないのかもしれないが
映画内での実際の名前が出てこないのも気になる



これがエイリアンシリーズに関わっている企業
「ウェイランド・ユタニ社」
あるいは「サイバーダイン社」であれば
キャメロン作品がリンクしていて非常に面白い











まぁ非常にエイリアン2と類似点が多いなぁとそんな話

ある意味、自分の中では同じ世界観を持つ
正統な続編あるいは外伝
「エイリアン3」ともいえる





sam-avatar52S_20091217130455.jpg







さて今年最後のお楽しみ「AVATAR」

日本での公開は当初、12月18日(金)を予定していたが
小難しい日本の映画事情の関係で12月23日(水・祝)への変更が発表された


公開前日12月22日には「3D特別前夜祭」が開催される



私の映画を観るためのコダワリと条件

以前の記事
http://antiquescafe.blog114.fc2.com/blog-entry-123.html




初日にこそほんとにその映画が好きなコアな人々が集まる
流し見みたいな人が少ない

多くの人で映画を見る一体感
盛り上がりでの歓声やドンデン返しでのザワザワ感
日本でもまれにある映画中や映画後の拍手
DVD鑑賞では得られない会場にいる全ての人が感じれる一体感

ゆえに初日
なので当然
公開前日12月22日
「3D特別前夜祭」での鑑賞を狙う

もうこれキャメロンファンばっかで絶対盛り上がるって!!

スターウオーズの時みたいに
幕が開くときに拍手なんかおこるんじゃないだろうか
みんなでメガネかけながら
その立体感に「おおっ~~~!!!」とか言う


そんな3D特別前夜祭
映画館に上映3時間前ぐらいから並び
よい席(もちろん真ん中通路の最前列ど真ん中)のを確保するのは簡単なんですが

近年の映画鑑賞の仕組みは変わり
ネット予約、もしくはカウンターでの事前予約で
徐々に席は埋まっていく



まず東京でもっともアバターが盛り上がりそうな映画館は恐らく

「TOHOシネマズ六本木ヒルズ」
http://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/009/TNPI2000J01.do


今週正式発表された
「3D特別前夜祭」での公開上映時間日程


アバター 3D 字幕版AVATAR/3D ENGLISH[上映時間 : 162分]


「SCREEN2」

18:00~20:55

販売対象外
21:30~24:25

販売対象外
25:00~27:55

販売対象外



「SCREEN7」

19:00~21:55

販売対象外
22:30~25:25

販売対象外
26:00~28:55

販売対象外




「SCREEN2」は369席

「SCREEN7」は644席


当然鑑賞するなら後者

「SCREEN7」は644席でだ


時間はオートバイである利を生かし
深夜だけにもっとも熱い雰囲気ある
26:00~28:55の上映回でもいいが

やはり最速上映の初回

19:00~21:55が望ましい


現在は 販売対象外となっているが
ネット予約、カウンター予約は
上映2日前から予約することができる



一応
TOHOシネマズ 六本木ヒルズに
前夜祭でもネット予約は可能か問い合わせたが
普段どおりの仕様で可能となる
ほんとは列に並び上映までの熱い時間をすごしたいところだが
ネットで予約するしかない


上映日が22日なので
20日の営業時間よりカウンターにて予約開始

しかしネット予約は20日の日付変更線
つまり19日の夜
カウンターより早く予約できる


よって19日の日付変更線23時50分ぐらいからスタンバイし
20日に日付が変わった瞬間

TOHOシネマズ 六本木ヒルズサイトにアクセスし
予約すれば確実に席を確保できるということになる


サーバーアクセスが重なり
非常に重くネットに接続できないことが予想されるが
そこは運だろう
ちなみに当日は恐らく出先なので
iPhoneからのアクセスとなる
事前に予約を試してみたがiPhoneでも可能だった流石だ
ただ通信速度によるだろうからそこが心配だ
漫画喫茶にでもかけこむか・・・




19日 日付変更線が最初の勝負となります





DSC_1743S.jpg
ぐふぅオヤツとクリックスピードなら負けねぇ






テーマ:アメリカ映画 - ジャンル:映画

  1. 2009/12/17(木) 13:35:59|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<木造建築と和骨董 | ホーム | エイリアン>>

コメント

Get away from her, you Bitch!!

やっぱりキャメロンですよね!
いやーすんげー観たくなってきました。
こういう予備知識大好きです。
観る前に読んどいて良かったです。あざす

ミシェル・ロドリゲス出るんですね。
俺もバイオハザードやLOSTをみて同じ印象を持ってたのでちょっと驚きました。笑
それと今回もパワードスーツが出るみたいですね。
超楽しみです。

いやー俺も22日行こうかなあ。
割とひっそりと観る事が多いので、みんなで観るっていう感覚、一度味わってみたいですね。
  1. 2009/12/17(木) 21:11:42 |
  2. URL |
  3. xatta #-
  4. [ 編集]

>xattaさん

ちょっとした小ネタ、元ネタ、トリビア、予備知識って
ネタバレしない程度に
観る前に調べて知っておくとさらに映画を
一歩奥深く楽しめると思うんですよね
そんでもって鑑賞し終わったあと
ネットでレビュー見ながら根掘り葉掘り
経緯やシーンの意味合いを検証していくのが
私なりの映画の楽しみかたです

ひっそりもいいんですがやっぱ
昔、娯楽が少なかった時代
まだ映画が大衆の最大のエンターテイメントだった時のように
熱い興奮と拍手とため息、驚きの声を体感しに
大観衆で観るのが最大の醍醐味だと思いますよ
  1. 2009/12/20(日) 08:59:33 |
  2. URL |
  3. RYUJI #mQop/nM.
  4. [ 編集]

アバター見終わったときに、

あれ?これってエイリアン2??

って思って検索かけたら、ここに来ました!!

ラストシーンなんかまんまでしたよねw
ロボットvsエイリアン

予想ですが、アバター完全版でそうw
エイリアン2みたいにカットされたシーンは全部マニアックな兵器の説明って感じでww
  1. 2010/01/08(金) 23:12:19 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

こんにちは
エイリアン2なお人
いらっしゃいませ
たしかに検索してみると3番目に出てきますね
まぁそんな思惑もあったので
思い通り捕まっていただきました
ありがとうございます

観終わったあと
前置きがやたら短い
ちょいと説明が足りないなんて思ったので
これはもしかしてそうとうカットされてる?
ディレクターズカットありえる?
なんて思いましたが是非出して欲しいですね
キャメロンのカットされるシーンは
事前説明や布石の内容が濃すぎる

いやぁどっちかっていうとアバター時の尺の方が長かったので
薄汚れ汗と息遣いを感じる人間時の
より兵器軍事色が濃いシーンがもっと観たいですね
  1. 2010/01/11(月) 09:47:05 |
  2. URL |
  3. RYUJI #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://antiquescafe.blog114.fc2.com/tb.php/233-1382dd5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ANTIQUES CAFE

ANTIQUES-BANNER-200-40.jpg www.antiques-cafe.com ANTIQUESCAFE-blogtop.jpg ANTIQUES CAFE
ASAGAYA
TOKYO SUGINAMIKU
SHIMOIGUSA 1-4-18
WGS84
35゜42'52"N 139゜38'03"E
Tokyo Metropolitan Public Safety Commission
antiques dealer
No.304431306566

facebook

Twitter

アンティークスカフェの
現在状況や最新情報と
RYUJIのどうでもいいツブヤキ

フォローよろしくお願いします

最近の記事

カテゴリー

ANTIQUES CAFE TOKYO ASAGAYA

DSC_blogside07.jpg . DSC_blogside04.jpg . DSC_blogside02.jpg . DSC_blogside01.jpg . DSC_blogside03.jpg . DSC_blogside06.jpg . DSC_blogside05.jpg

COUNTER

CAFE RACER

W650cafe.jpg

ANTIQUES CAFE Co.,Ltd.

ANTIQUES-CAFEri.jpg 東京都公安委員会 古物商許可
第304431306566号

ブログ内検索

antiques-cafe.com

antiques-cafecom.gif

LINK

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

月別アーカイブ

ACCESS


ジオターゲティング

BlogRanking

最近のトラックバック

RSSフィード